安田精機製作所の会社案内|ミッション&ビジョンから工場配置図までご案内

安田精機製作所とは?

安田精機製作所の会社案内

変わってはいけないものを変えないように。
優れたものを優れていると証明するために。

安田精機製作所のミッション
安田精機製作所のミッション

消費者が安心して購入し、安全に使用するために必要不可欠な指標が「品質」です。品質は、自社の製品を守り、企業が生み出すものに価値を付加する大切な物差しかつ、成長を促す力となるものです。
安田精機製作所の材料試験機は工業製品を形作るあらゆる素材・材料の特性を評価し数値化することでお客様の品質管理及び研究開発を下支えする役目を担っています。材料特性をデータ化し、管理可能にすることで品質を一定に保ち、より優れた製品を生み出す手助けをする。それが私たちの使命です。

安田精機製作所のビジョン
安田精機製作所のビジョン

世界中のモノづくりと品質評価に携わる方がより安心して、長くお使いいただける「物性評価試験機」を届け続けること。そして、顧客ニーズに応える企業スタイルと、そこから生まれた「全自動機」を筆頭にした各装置を世界各国の方々に知っていただき、世界中の”モノづくり”を根底からお支えすること。それが私たちのビジョンです。

社員インタビューはこちら ≫


試験機について

私たちの生活に欠かせないもの

私たちの生活に欠かせない物
安田精機の代表製品画像
私たちの生活に欠かせない物の試験

製品ページはこちら ≫    

ものづくりの基礎を支える、安田精機製作所の試験機

電気だけで長距離を走れるEVカー、通気性が良くて肌触りの良い肌着、防水性が高くて頑丈なソールがついた登山靴、子どもが安心して使える自然素材のクレヨン。一見なんの関連性もないこれらの製品には一つだけ共通点があります。それは製品を構成する材料そのものに機能性を持たせ、消費者の願望や要望を形にしていることです。

より便利に、より快適に、より安全に……。ものづくり企業はたゆまぬ努力と研鑽を地道に積み重ねることで、こうした新しい価値を消費者に提供し続けています。安田精機の材料試験機は、このような新しい価値・変わらない価値を提供し続けるために、品質や性能評価の現場で活躍しています。

安田精機製作所の会社案内ページ
安田精機製作所の会社案内ページ


標準化と工業規格

材料試験機とは、材料の物性を定められた方法で試験することで数値化し、比較・検討を可能にするために使用されます。品質を一定に保ったり、製品に採用する材料の最適化ができるのは、業界や国を超えて、共通の「基準・指標」があるからです。

日本の産業分野においてはJIS規格(日本産業規格)が、世界ではISO(世界標準)や米国で発足したASTM規格などもあります。安田精機では、このような工業材料と試験方法に関する規格に基づき、設計・製造されています。

JIS規格とは?

Japanese Industrial Standardsの略称。日本の産業製品に関わる規格や試験方法などを標準化する目的で定められた、日本の国家規格です。日本のものづくりの技術・品質のレベルを一定に保ち、全国的に統一することを目的としています。

ISO(国際標準化機構)とは?

International Organization for Standardizationの略称。ISOは世界最大の国際標準化組織です。世界中の製品・モノ・サービスの品質などを標準化・統一することを目的としています。またサービスや企業体の仕組みなどにおいても、一定のルールや品質を標準化を目指しています。

ISO規格

規格に基づいた材料試験

代表的な例として、材料の引張強度を試験する引張試験機(JIS規格番号K7161-1)という装置があります。「引張強度」は材料の強度を推し測る最もベーシックな指標で、試験用に成型した小さなダンベル状の材料の両端を掴み、一定速度で引っ張るシンプルな試験方法です。

これが破断もしくは試験片の応力※1が降伏点※2に達するまで引っ張り、その結果をもとに引張り強度を算出します。試験機は共通となっている規格に記載されている内容を網羅し、規格を満たすことが求められます。

※1 ある物体に外から力を加えたときに、その物体から生じる抵抗力のこと。(例)ゴム紐を引っ張ったときに感じる元に戻ろうとする力。

※2 応力がなくなり、変形したまま形状が戻らなくなるポイント。 (例)ゴム紐が伸びきって元に戻らなくなる地点。

安田精機製作所 膾炙案内試験機例
規格に基づいた試験機

準拠している規格についてはこちら ≫   

海外展開

世界にも通用する試験機を

品質に対する要求の高まりは日本だけにとどまりません。それに伴って試験機は世界中で活躍の幅を広げています。安田精機は、日本国内のお客様への販売で培った技術力・製品提案力を活かし、世界中のお客様へ試験機を提供し続けています。総合試験機メーカーであるがゆえの製品提案力、長い歴史と納入実績に裏打ちされたブランド力は世界各地で高い評価をいただいています。

これからも我々は国や地域によって異なる様々なニーズに対して、各国のエージェントと連携し、お客様に満足いただける製品を提供できるよう歩み続けます。

 

世界各国に納入実績あり【安田精機製作所】
世界各国に納入実績あり【安田精機製作所】

実績一例

中国、台湾、韓国、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、インドネシア、フィリピン、カナダ、アメリカ、メキシコ、ブラジル、サウジアラビア、イラン、スーダン、パキスタン、フランス、コートジボワール、ポーランド、チュニジア、イギリス、ロシア、アルゼンチン、バングラデシュ、トルクメニスタン、ドイツ、エジプト

工場について

安田精機製作所の工場イメージ写真
安田精機製作所の工場イメージ写真

実際に試験機を製造するにあたって、とても重要な場所である工場とその中の様子を紹介します。工場では以下のような流れで試験機が製造されています。設計から加工、組立、配線(プログラム)、試験・検査、納品まで、ほぼ全ての工程を社内で一貫して行うことができることも安田精機の強みの一つです。

安田精機の工場見取り図
※検査室の1つは恒温恒湿室となっております
安田精機の工場見取り図
※検査室の1つは恒温恒湿室となっております

その他の施設については(準備中) ≫   

安田精機の強み

安田製作所工場で働くイメージ

ものづくり企業の現場をのぞいてみると、実に様々なニーズが存在しています。安田精機は標準的に安全装置を装備していますが、お客様独自の安全基準や操作性を満たすために、特注で設計させていただくことも少なくありません。

多種多様な材料試験装置をご提供しつつも、一社一社のお客様のニーズに柔軟に対応することが可能な理由は、小規模な組織だからこその小回りの利く機動力とスピード感、そして設計から製造までを内製化し、一気通貫の生産体制をとっているからなのです。また、現状に満足せず、常に新しいことにチャレンジしようとする企業風土こそが、安田精機製作所の最大の強みです。