株式会社 安田精機製作所

No.102 ギヤーオーブン・ ギヤー老化試験機

ギヤーオーブン(ギヤー老化試験機・強制循環形熱老化試験機)は、プラスチック・ゴム等の熱安定性及び耐熱老化性を評価する試験機です。ギヤーオーブンの仕様をわかりやすく説明しています。
 

No.102 ギヤー式老化試験機

  1. 促進老化試験及び熱抵抗性試験のうち、空気の流れと熱によって劣化させるA法による試験機です。
  2. 空気置換率は消費電力法を採用しております。
  3. 絶縁電線の加熱試験にも用いられます。
  4. 試験片を、試験槽内の垂直軸を中心に規定の速度で回転させながら、試験槽内の空気を規定の速度で強制循環させ、規定の時間経過したら試験を終了します。
  5. 試験前後の試験片の変化から熱安定性及び熱老化特性を評価します。
  6. 短納期となっております。納期の日程等お気軽にご相談ください。

 

<仕様は予告なく変更することがあります>
規格 JIS-A5756、B7757、C3005、K6257、K6723、K7212、K7368、ASTM-D573、D5374、D5423、E145、UL-746B、IEC-60216-4-1、ISO-188、4577
機種 【SHF-S型】空気置換率測定表示機能付。給排気ダンパーの開閉度を手動設定
【SHF-SA型】空気置換率自動調整機能付。給排気ダンパーの開閉度を自動設定
試験槽内寸法 【標準】W450×D450×H500mm 【特型】W600×D600×H600mm
全加熱空間容積 【標準】225.225㎤ 【特型】417.600㎤
温度制御可能範囲 周囲温度+20~300℃ ※400度仕様はご相談下さい。
平均風速 低速:0.5 ± 0.1m/s、高速:1.0 ± 0.2m/s(タッチパネルで選択)
空気置換率計算 消費電力量法
空気置換率制御 3~10回/hr、5~20回/hr、60回/hr 以上に調整可能
試験片取付枠回転数 7.5 ± 2.5rpm
安全装置 加熱防止装置、漏電ブレーカー
付属品 丸型試験片取付回転枠2段、クリップ40個、角型網棚2枚
オプション CSV出力仕様、アナログ電圧出力仕様、ミニプリンタ仕様、UL規格対応仕様、空気置換率は100~200回/hrにも対応
電源 【標準】AC200V、3相、30A、50/60Hz、空気置換率100~200回/hrの場合AC200V、3相、40A、50/60Hz 【特型】AC200V、3相、40A、50/60Hz
寸法、重量(参考値) 【標準】SHF-S型・約W1,180×D700×H1,560mm、約290kg SHF-SA型・約W1,250×D700×H1,650mm、約300kg 【特型】SHF-S型・約W1,350×D900×H1,650mm、約365kg SHF-SA型・約W1,400×D900×H1,750mm、約375kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ