落球衝撃試験機とは、硬質プラスチック・塗膜等の耐衝撃性を評価するための試験機です。落球衝撃試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.183 落球衝撃試験機

JIS-(K5400)、K5600-5-3、(K6718)、(K6745)、K7211、ISO-6272
  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. 硬質プラスチック、塗膜等の耐衝撃性を評価するための試験機(落球試験機、落球式衝撃試験機)です。
  3. マグネットホルダーに保持させた規定の重錘(ストライカ)を所定の高さより試験片の上に落下させ、試験片の破壊状態を観察します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
落下高さ50 ~ Max. 1,000 mm(ピッチ 50 mm)
50 ~ Max. 2,000 mm(ピッチ 50 mm)
重錘規格により異なります。
試験片支持枠規格により異なります。
付属品水平出し用下げ振り・・・ 1個、フットスイッチ
電源AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)本体: 約 W700 × D500 × H1,870 mm・約 130 kg
操作盤: 約 W200 × D280 × H215 mm・約 7 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.183-S 落錘衝撃試験機

JIS-K6742、K6743
  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています
  2. 耐衝撃性硬質塩化ビニル管(HIVP)及び硬質塩化ビニル管継手(HITS)の耐衝撃性を評価します。
  3. 受台に静置した試験片にソレノイドホルダーに保持させた重錘を所定の高さより落下させます。
  4. 試験片の破壊状態を目視によって観察し、評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
重錘円柱状平底形: 質量 1 kg、3 kg、9 kg(3種類)
円すい形: 質量 9 kg
受台平形受台、V形受台(2種類)
落下高さ100 ~ Max. 2,000 mm
重錘離脱装置ソレノイド方式
再衝撃防止装置ラチェット方式
電源AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量約 W800 × D800 × H3,000 mm・約 200 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら