ダートインパクトテスターとは、ステアケース法により、プラスチックフィルム及びシートの耐衝撃性を評価するための試験機です。ダートインパクトテスターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.220 ダートインパクトテスター

JIS-K7124-1、Z1702、Z1707、ASTM-D1709、ISO-7765-1
  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. ステアケース法により、プラスチックフィルム及びシートの耐衝撃性を評価します。
  3. 空気圧制御の試験片クランプ(試験片固定装置)を利用して試験片を固定し、規定の高さよりダートを試験片へ自由落下させます。
  4. まず20個を試験して破壊の有無を調べ、破壊と非破壊のどちらか数の少ない方が10個になるまで試験を続けます。
  5. 試験の結果から、統計的に試験片の50%が破壊されるダートの質量(衝撃破壊質量)を算出します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
ダートA法: 半球状、直径 φ38 ± 1 mm、質量 40 g
B法: 半球状、直径 φ50 ± 1 mm、質量 320 g
弾頭質量A法: Max. 890 g
B法: Max. 1,410 g
落下高さA法: 0.66 ± 0.01 m
B法: 1.50 ± 0.01 m
エアークランプ内径 φ125 ± 2 mm
圧力計Max. 1 MPa(目盛0.05 MPa)
付属品水平出し用下げ振り・・・ 1個、フットスイッチ
オプションエアーコンプレッサー、低温槽仕様、安全カバー
電源AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
エアー源0.5 MPa以上
機体寸法・重量(参考値)約 W620 × D400 × H2,150 mm・約 55 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら