このページでは試験規格に採用されている「UL規格」についてまとめています。

UL規格とは?

UL規格は、アメリカ保険業者安全試験所(UL:Underwriters Laboratories Inc.)が策定する製品安全規格で、民間機関の任意規格です。

部品から製品に至るまでの機能や安全性に関する標準化を目的とし、アメリカの電気製品の多くはUL認証品となっています。UL規格を国家規格(ANSI:American National Standards Institute)として定めています。

ANSI:アメリカでは日本のJIS規格に近い位置づけとなっています。

参照URL: 米国国歌規格協会

UL746Bとは?

UL746Bは長期的耐熱性のUL規格です。長期的耐熱性とは、プラスチックが長い期間、高温環境下にさらされた際の「耐熱性」を指します。主に、熱による劣化・分解によって、それぞれの物性値の低下が引き起こされます。

長期耐熱性の指標として、UL746Bの相対温度指数(RTI)が用いられることが多く、長期間、高温環境下にさらした後に引張強度、衝撃強度、電気絶縁性についてそれぞれ評価が行われます。

※相対温度指数(RTI:Relative Thermal Index)とは?
プラスチックを一定温度の大気中に100,000時間(約11.4年)さらした際に、初期の物性が50%以下に低下するときの温度を指します。

安田精機では、UL746Bに対応する試験機としてNo.102 ギヤー老化試験機がございます。

→ギヤー式老化試験機

逆に、短期的耐熱性という指標があります。長期的耐熱性が無負荷の状態での長期的な化学安定性を示すのに対して、短期的耐熱性は高温化で負荷を加えた際に、変形・破壊が生じる温度のことです。

※短期的耐熱性
樹脂の物理的特性を保持できる上限温度を示すことが多い。形状を保持することが可能な温度、一定レベルの機会強度を保持する温度のことをいいます。

短期的耐熱性は物理的性質に依存するため、各種フィラー(充填剤)を添加することによって、ベース樹脂の耐熱性を向上させることができます。

※短期的耐熱性としては、荷重たわみ温度(HDT:Heat deflection temperature)を参考にすることができます。短期的耐熱性の評価には、安田精機のNo.148-HD ヒートデストーションテスターシリーズのページをご覧ください。