株式会社 安田精機製作所

No.148 HDT試験(DTUL/VICAT/BP)【安田精機】プラスチックの熱変形試験(荷重たわみ温度)ヒートデストーションテスター

ヒートデストーションテスターで行われる「荷重たわみ温度試験(DTUL)」と「ビカット軟化点試験(VICAT)は」は石油化学工場で製造されるプラスチックの耐熱性を測定するために使用されています。

また、自動車メーカーや電気製品メーカーなどでは、耐熱性を要求されるプラスチックの熱的性質の件さにも用いられています。YSS製のHDT試験機「No.148 ヒートデストーションテスターシリーズ」は、石油化学工場のみならず、広くの産業界でプラスチックの熱的性質の測定に欠かせない試験機となっております。

NEW!⇒ 「No.148-HDA ヒートデストーションテスター(全自動)」の操作&動作Movieが完成しました↓
※「No.148-HD ヒートデストーションテスター」動画もございます。

No.148-HDA ヒートデストーションテスター(全自動)の操作&動作動画


※全自動タイプです。

お見積り・資料請求フォームはこちら⇒

No.148-HD ヒートデストーションテスター

JIS-K7191-1、K7206、ASTM-D648、D1525、IEC-335-1、ISO-75-1、306

プラスチックの荷重たわみ温度を測定し、耐熱性を評価するための試験機(HDT試験機、HDT試験装置、ヒートディストーションテスター)です。
試験片に規定の荷重をかけ、曲げ応力を発生させた状態で試験槽(油槽)に入れます。一定の速度で昇温し、規定のたわみに達したときの温度(荷重たわみ温度)を測定します(HDT試験)。
そのほか、試験片に規定の荷重をかけた状態で昇温し、針状圧子が1mm侵入したときの温度(VST)を測定するビカット軟化温度試験(VICAT)と、規定の温度条件下で規定の時間圧子を試験片に載せた後、試験片のへこみを測定するボールプレッシャー試験(BP)も行えます。

No.148-HD ヒートデストーションテスターの操作&動作動画


※全自動タイプとは異なります。

No.148-HDA ヒートデストーションテスター(全自動)

JIS-K7191-1、K7206、ASTM-D648、D1525、IEC-335-1、ISO-75-1、306

ロボット機構により試験の工程を完全自動化したヒートデストーションテスター(HDT試験機、HDT試験装置、ヒートディストーションテスター)です。カセットに試験片をセットし、専用ソフトウェア上で試験条件を入力するだけで、最大120個の試験片が連続で測定できます。
ヒートデストーションテスターはプラスチックの荷重たわみ温度を測定し、耐熱性を評価するための試験機で、ビカット軟化温度試験(VICAT)とボールプレッシャー試験(BP)も行えます。

No.148-HD500 高温ヒートデストーションテスター

JIS-K7191-1、K7206、ASTM-D648、D1525、ISO-75-1,306

最高500°Cの高温に対応したヒートデストーションテスター(HDT試験機、HDT試験装置、ヒートディストーションテスター)です。恒温槽は密閉気槽式になっており、架台は熱老化や温度歪みを解消するため、石英ガラスを採用しております。
ヒートデストーションテスターはプラスチックの荷重たわみ温度を測定(HDT試験)し、耐熱性を評価するための試験機で、ビカット軟化温度試験(VICAT)とボールプレッシャー試験(BP)も行えます。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。

No.148-HDNo.148-HDANo.148-HD500
掛け数 3個掛、4個掛、6個掛(3種)
温度 Max. 300 °C(油槽)
昇温速度 120 ± 10 °C/hr、50 ± 5 °C/hr
曲げ応力 1.80 MPa、0.45 MPa
荷重 DTUL用 初荷重 76.5 gf ~ Max. 3,210 gfのうち2種選択
オプション: VICAT用 10 ± 0.2 N、50 ± 1 N
オプション: BP用 20 – 0.4 N
変位測定 差動トランス:最小単位 1/1,000 mm、ストローク 0 ~ ± 2 mm
負荷圧子 DTUL用 半径 R3.0 ± 0.2 mm
オプション: VICAT用 1.000 ± 0.015 mm2
オプション: BP用 直径 φ5 mm
支点間距離 64 ± 1 mm、100 ± 2 mm(共用)
冷却装置 循環コイル式
オプション: 本体内蔵型冷凍機
※高温冷却、試験開始温度 20 ~ 23 °Cの場合
撹拌装置 プロペラ式
3または4個掛・・・ 2台
6個掛・・・ 3台
専用ソフトウェア Windows対応
付属品 圧子取付治具、試験片ホルダー
オプション シリコンオイル、安全カバー、同時荷重昇降装置、ホウケイ酸ガラス
電源 AC 200 V、単相、30 ~ 40 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 約 W800 ~ 1,100 × D720 × H1,500 mm・約 120 ~ 200 kg
掛け数 3個掛、6個掛(2種)
温度 Max. 300 °C(油槽)
昇温速度 120 ± 10 °C/hr、50 ± 5 °C/hr
曲げ応力 1.80 MPa、0.45 MPa
荷重 DTUL用 初荷重 76.5 gf ~ Max. 3,210 gfのうち2種選択
オプション: VICAT用 10 ± 0.2 N、50 ± 1 N
オプション: BP用 20 – 0.4 N
変位測定 差動トランス:最小単位 1/1,000 mm、ストローク 0 ~ ± 2 mm
負荷圧子 DTUL用 半径 R3.0 ± 0.2 mm
オプション: VICAT用 1.000 ± 0.015 mm2
オプション: BP用 直径 φ5 mm
支点間距離 64 ± 1 mm、100 ± 2 mm (共用)
冷却装置 循環コイル式
オプション: 本体内蔵型冷凍機
※高温冷却、試験開始温度 20 ~ 23 °Cの場合
撹拌装置 プロペラ式
3または4個掛・・・ 2台
6個掛・・・ 3台
試験片セット数 40個 × 3カセット(計 120 個)
※厚さ 10 mmの場合
専用ソフトウェア Windows対応
付属品 圧子取付治具、試験片ホルダー
オプション シリコンオイル、安全カバー、ホウケイ酸ガラス
電源 AC 200 V、3相、40 A、50/60 Hz
エアー源 0.5 MPa以上
機体寸法・重量 約 W1,140 ~ 1,400 × D900 × H1,750 mm・約 350 ~ 400 kg
掛け数 3個掛
温度 Max. 500 °C(密閉気槽、窒素ガス充填装置付)
昇温速度 120 ± 10 °C/hr、50 ± 5 °C/hr
曲げ応力 1.80 MPa、0.45 MPa
荷重 DTUL用 初荷重 76.5 gf ~ Max. 3,210 gfのうち2種選択
オプション: VICAT用 10 ± 0.2 N、50 ± 1 N
オプション: BP用 20 – 0.4 N
変位測定 差動トランス:最小単位1/1,000 mm、ストローク 0 ~ ± 2 mm
負荷圧子 DTUL用 半径 R3.0 ± 0.2 mm
オプション: VICAT用 1.000 ± 0.015 mm2
オプション: BP用 直径 φ5 mm
支点間距離 64 ± 1 mm、100 ± 2 mm(共用)
冷却装置 プロペラ式(自然送風冷却)、3台、炭酸ガス強制冷却機構
撹拌装置 プロペラ式、3台
専用ソフトウェア Windows対応
付属品 圧子取付治具、試験片ホルダー
オプション 安全カバー、同時荷重昇降装置、ホウケイ酸ガラス
電源 AC 200 V、単相、30 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 約 W1,100 × D750 × H1,530 mm・約 250 kg

安田精機へのお問い合わせは⇒

お問い合わせ