ゲーマンねじり試験機とは、JIS-K6261、ISO-1432などの規格に準拠し、加硫ゴム及び熱可塑性ゴムの低温ねじり試験を行うものです。ゲーマンねじり試験機の仕様を、動画・画像と共にわかりやすく説明しています。

 

ゲーマンねじり試験機の動作動画です

No.145-G ゲーマンねじり試験機

JIS-K6261、ISO-1432
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 加硫ゴム及び熱可塑性ゴムのねじり剛性を求めるために、低温ねじり試験を行います。
  • 一定のねじり定数のワイヤに連結し、180°回転させた10秒後の角度を記録します。
  • この操作を23°から最低温度までの範囲で行います。
  • 温度-ねじれ角曲線から比モジュラスが2,5,10,100になる温度「T2,T5,T10,T100」を求めます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.145 ゲーマンねじり試験機
掛け数4個掛
試験片幅 3.0 ± 0.2 mm、長さ 40.0 ± 2.5 mm、厚さ 2.0 ± 0.2 mm
ねじりワイヤ長さ: 65 ± 8 mm
ねじり定数: 2.81 m N⋅m/rad(標準ワイヤ)、
0.70 m N⋅m/rad、11.24 m N⋅m/rad
チャック間距離25 ± 3 mm
ねじれ角度測定ロータリーエンコーダー検出、目盛: 0.1°
温度-70 ~ 30 °C(冷凍機式、伝熱媒体使用)
伝熱媒体量約 8 L
温度上昇5 °C 間隔
専用ソフトウェアWindows対応
付属品試験片取付治具、試験片打抜刃、ねじれワイヤ治具・・・ 各1個
電源約 W720 × D780 × H1,840 mm・約 250 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら

ゲーマンねじり試験機の測定イメージ

<試験条件入力画面のイメージ>

<PCソフト設定画面と結果グラフのイメージ>

<ねじりワイヤー>

 

8秒でわかる!ねじり動作のみの動画はこちら

安田精機へのお問い合わせはこちら