スプリングエロンゲーションテスターとは、スプリングエロンゲーション法により、エナメル線の軟らかさを評価する試験機です。スプリングエロンゲーションテスターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.161 スプリングエロンゲーションテスター

JIS-(C3003)、C3216-3、IEC-60851-3
  • 試験片の一端に規定のおもりをつるし、横軸チャックに固定したマンドレルに毎分50回の回転速度で巻き付けることでコイル(試験片)を作製します。
  • 作製したコイル(試験片)の長さを測定した後、一端を縦軸チャックに固定し直して他端に規定のおもりを取り付け、コイル(試験片)が伸びない状態で支持台に載せます。
  • 毎分50mmの速度で支持台を降下させ、おもりが支持台から離れてから1分間保持した後、おもりを取り外してさらに1分間放置してからコイル(試験片)の長さを測定します。
  • 試験前後のコイル(試験片)の長さからスプリングエロンゲーション値を算出します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試料1.2 m、導体径 φ0.25 ~ φ1.6 mm
マンドレル回転速度50 rpm
マンドレル径φ2.5 ~ φ16 mm(導体径 × 10)※1種標準付属
おもり(導体断面積 × 700)g ※1種標準付属
支持台ストロークMax. 780 mm
支持台下降速度50 mm/s
タイマー60秒カウント
オプション自動切断装置、安全カバー
電源AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)約 W500 × D530 × H1,500 mm・約 85 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら