<C3216-3 対応品登場> エナメル線軟らかさ試験機

 

エナメル線軟らかさ試験機(スプリングバック試験機)とは、スプリングバック法により、エナメル線の軟らかさを評価する試験機です。エナメル線軟らかさ試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.163 エナメル線軟らかさ試験機(スプリングバック法)

JIS-(C3003)、C3216-3(附属書JA 代替試験方法)、IEC-60851-3

163 エナメル線軟らかさ試験機(スプリングバック法)

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • マンドレルに巻かれるように試験片の一端を止め穴に差し込み、他端におもりを吊るします。
  • 試験片を毎分5~10回の回転速度でマンドレルに3回巻き付けて、印を付けてからおもりを取り外します。
  • マンドレルに巻いた試験片をゆっくり戻し、印の止まった位置の目盛を読み取って軟らかさを評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試料1 m、導体径 φ0.25 ~ φ1.6 mm
マンドレル回転速度5 ~ 10 rpm(手動式 または 電動式)
マンドレル径φ19 mm、 φ48 mm、 φ82 mm
荷重57 g、115 g、455 g
目盛0 ~ 120
カウンター4桁(プリセット式)(電動式のみ)
付属品フットスイッチ(電動式のみ)
電源AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz(電動式)
寸法・重量約 W128 × D190 × H184 mm・約 6.1 kg(手動式) 約 W480 × D285 × H250 mm・約 10 kg(電動式)

 

No.163 エナメル線軟らかさ試験機(ヘリカルコイル巻き戻り角度法)

C3216-3、IEC-60851-3

163 エナメル線軟らかさ試験機(ヘリカルコイル巻き戻り角度法)

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • マンドレルに巻かれるように試験片の一端を止め穴に差し込み、他端におもりを吊るします。
  • 規定の回転速度でマンドレルに5回巻き付けて、印を付けてからおもりを取り外します。
  • 張力をゆっくりと開放し、5回転目の端の戻り角の目盛を読み取って軟らかさを評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試料1 m、導体径 φ0.08 ~ φ1.6 mm
マンドレル回転速度1 ~ 3 rpm(手動式 または 電動式)
マンドレル径φ5 mm、 φ7 mm、 φ10 mm、φ12.5 mm、 φ19 mm、 φ25 mm、φ37.5 mm、 φ50 mm
荷重0.25N、0.5N、1N、2N、4N、8N、12N、15N
目盛0 ~ 72
機体寸法・重量約 W128 × D190 × H184 mm・約 4.3 kg(手動式)