NEW! C3216-3 対応品登場

 

エナメル線軟らかさ試験機(スプリングバック試験機)とは、スプリングバック法により、エナメル線の軟らかさを評価する試験機です。エナメル線軟らかさ試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.163 エナメル線軟らかさ試験機(スプリングバック法)

JIS-(C3003)、C3216-3(附属書JA 代替試験方法)、IEC-60851-3
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • マンドレルに巻かれるように試験片の一端を止め穴に差し込み、他端におもりを吊るします。
  • 試験片を毎分5~10回の回転速度でマンドレルに3回巻き付けて、印を付けてからおもりを取り外します。
  • マンドレルに巻いた試験片をゆっくり戻し、印の止まった位置の目盛を読み取って軟らかさを評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試料1 m、導体径 φ0.25 ~ φ1.6 mm
マンドレル回転速度5 ~ 10 rpm(手動式 または 電動式)
マンドレル径φ19 mm、 φ48 mm、 φ82 mm
荷重57 g、115 g、455 g
目盛0 ~ 120
カウンター4桁(プリセット式)(電動式のみ)
付属品フットスイッチ(電動式のみ)
電源AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz(電動式)
寸法・重量約 W128 × D190 × H184 mm・約 6.1 kg(手動式)
約 W480 × D285 × H250 mm・約 10 kg(電動式)

製品のお問い合わせ

 

No.163 エナメル線軟らかさ試験機(ヘリカルコイル巻き戻り角度法)

C3216-3、IEC-60851-3

Slide image

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • マンドレルに巻かれるように試験片の一端を止め穴に差し込み、他端におもりを吊るします。
  • 規定の回転速度でマンドレルに5回巻き付けて、印を付けてからおもりを取り外します。
  • 張力をゆっくりと開放し、5回転目の端の戻り角の目盛を読み取って軟らかさを評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試料1 m、導体径 φ0.08 ~ φ1.6 mm
マンドレル回転速度1 ~ 3 rpm(手動式 または 電動式)
マンドレル径φ5 mm、 φ7 mm、 φ10 mm、φ12.5 mm、 φ19 mm、 φ25 mm、φ37.5 mm、 φ50 mm
荷重0.25N、0.5N、1N、2N、4N、8N、12N、15N
目盛0 ~ 72
機体寸法・重量約 W128 × D190 × H184 mm・約 4.3 kg(手動式)

製品のお問い合わせ

製品のお問い合わせ






製品No または 製品名※必須
ご要望※必須購入希望見積もり希望カタログ希望連絡希望訪問希望その他
動機※必須新規導入既存入れ替え購入前デモ試験情報収集予算申請用その他
会社名※必須※以下について、海外のお客様は入力できる範囲でご入力下さい。

部署
担当者※必須
郵便番号※必須
都道府県※必須
市区町村以降の住所※必須
電話番号※必須 ※番号の入力間違いにご注意ください。
FAX番号
メールアドレス※必須 ※アドレスの入力間違いにご注意ください。
メールアドレス(確認用)※必須
お問い合わせ内容※必須

(※キャンペーンキーワードもこちらに入力)

(※エンドユーザー情報もこちらに入力)