保持力試験機とは、JIS-Z0237などの規格に準拠し、粘着テープ・粘着シートの保持力(ずれ抵抗性)を評価するものです。付着性(タック)の評価には「90°剥離」「180°剥離」などの試験が可能です。保持力試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.145-D 保持力試験機

JIS-Z0237
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 粘着テープ、粘着シートの保持力(ずれ抵抗性)を評価するための試験機です。
  • 試験板の一端に規定の面積が接するように試験片を貼り付け、ローラーで圧着します。
  • 圧着後1分以内に試験板を試験機に取り付け、鉛直に垂れ下がった試験片の端に規定の荷重を掛けます。
  • 試験片が試験板から完全に落下するまでの時間、または一定時間後の試験片がずれた距離を測定します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.145-D 保持力試験機
掛け数3個掛、6個掛、10個掛、20個掛(4種)
試験片幅 25 mm または 12 ± 0.5 mm、長さ 150 mm
試験板幅 50 mm、長さ 125 mm、厚さ 1.1 mm 以上、SUS304鋼板
荷重初荷重 200 gf ~ Max. 1 kgf (規格値 1,000 g ± 5 g)
チャック上部: フック式
下部: 平チャック(幅 30 mm)
上下チャック間200 mm
チャックストロークMax. 45 mm、電動式一括昇降装置(上下自動停止)
温度Max. 150 °C
タイマー予熱時間設定、落下時間測定、試験時間設定用
オプション変位測定仕様、低温槽、恒温恒湿槽、槽内灯、90°剥離試験仕様
電源仕様により変更します。
機体寸法・重量仕様により変更します。

安田精機へのお問い合わせはこちら