TRテスター(低温弾性回復試験機)とは、JIS-K6261、ASTM-D1329、ISO-2921などの規格に準拠し、加硫ゴム及び熱可塑性ゴムの低温弾性回復試験を行うものです。仕様用途に合わせ4個掛け、6個掛けなどお選びいただけます。TRテスターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.145-L TRテスター(低温弾性回復試験機)

JIS-K6261、ASTM-D1329、ISO-2921
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 試験片を伸長して固定し、熱媒体を満たして-70°C~-73°Cに冷却した試験槽へ浸漬して10分間保持します。
  • その後試験片の固定を解除し、試験槽を毎分1°Cの速度で昇温します。
  • -70°Cのときと、それ以後2分間隔で試験片の長さを測定し、試験片の収縮率が75%になるまで試験を続けます。
  • 試験結果から温度―収縮率曲線を作成し、10%、30%、50%、70%のときの温度を算出します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
掛け数4個掛、6個掛(2種)
試験片I字状
両端つかみ部: 6.5 × 6.5 mm、
平行部: 幅 2.0 ± 0.2 mm、
長さ 100.0 ± 0.2 mm または 50.0 ± 0.2 mm、
厚さ 2.0 ± 0.2 mm
チャック間距離50 mm、100 mm
変位測定光スケールセンサー、精度 ± 0.1 mm、ストローク Max. 200 mm
※変位測定のストロークにつきましては、お打ち合わせの上、決定します。
温度-70 ~ 30 °C(冷凍機式、伝熱媒体使用)(オプション: 液体窒素共用で -100 °Cまで)
電熱媒体量約 27 L
昇温速度1 °C/min
専用ソフトウェアWindows対応
付属品試験片取付ゲージ、試験片打抜刃(100 mm用、50 mm用)・・・ 各1個
オプション安全カバー、Oリング用チャック
電源AC 200 V、3相、30 A、50/60 Hz
機体寸法・重量4個掛: 約 W1,110 × D830 × H1,870 mm・約 320 kg
6個掛: 約 W1,170 × D830 × H1,870 mm・約 370 kg
※ストロークがMax.200 mm 仕様の装置寸法
※ラック上昇時の高さH2.255 mm

安田精機へのお問い合わせはこちら