試験用加硫プレスとは、プラスチック、ゴムの加硫シートを作製する圧縮成型機です。試験用加硫プレスの仕様をわかりやすく説明しています。

No.196 試験用加硫プレス

  1. プラスチック、ゴムの加硫シートを作製する圧縮成型機です。
  2. 熱盤は電気加熱式で、手動油圧ポンプにより加圧します。
  3. 上盤はナットにより最適の位置に調整、固定できますので、作業性に優れています。
<仕様は予告なく変更することがあります>
熱盤355 × 305 mm
盤面開き代Max. 550 mm
ラム径φ150 mm
ラムストロークMax. 200 mm
最大圧力Max. 20.6 MPa(210 kgf/cm2
最大出力Max. 37 ton
温度Max. 250 °C(オプション: Max. 400 °C)
オプション電動油圧式、2段式、水冷循環盤、安全カバー
電源AC 200 V、3相、40 ~ 50 A、50/60 Hz
機体寸法・重量約 W630 × D470 × H1,550 mm・約 600 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら