フォームラバー繰返し圧縮試験機とは、ポリウレタンフォームやラテックスフォームの軟質発泡材料に対し、B法(定変位法)により繰返し圧縮残留ひずみ試験を行う試験機です。フォームラバー繰返し圧縮試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.260 フォームラバー繰返し圧縮試験機

JIS-(K6382)、K6400-4
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • ポリウレタンフォームやラテックスフォームの軟質発泡材料に対し、B法(定変位法)により繰返し圧縮残留ひずみ試験を行います。
  • 試験片の厚さを測定した後、平行板の間に置き、毎分60回の速さで元の厚さの50%に圧縮し、これを80,000回連続で行います。
  • 試験片を取り出して規定の環境下で30分間放置し、再度試験片の厚さを測定します。
  • 試験前後の厚さから厚さ低下率を算出し、繰返し圧縮残留ひずみとします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
掛け数2個掛
試験片厚さ 20 mm以上、幅及び長さ 50 mm以上
圧縮板310 × 310 mm、通気孔径 φ6 mm(ピッチ 20 mm)
圧縮距離10 ~ 100 mm(2列単独可変式)
圧縮速度60 〜 180回/min
カウンター6桁(プリセット式)
オプション上下安全カバー、非常停止ボタン、上部圧縮板交換仕様
電源AC 200 V、3相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)約 W1,130 × D600 × H1,460 mm・約 292 kg

製品のお問い合わせ

製品のお問い合わせ






製品No または 製品名※必須
ご要望※必須購入希望見積もり希望カタログ希望連絡希望訪問希望その他
動機※必須新規導入既存入れ替え購入前デモ試験情報収集予算申請用その他
会社名※必須※以下について、海外のお客様は入力できる範囲でご入力下さい。

部署
担当者※必須
郵便番号※必須
都道府県※必須
市区町村以降の住所※必須
電話番号※必須 ※番号の入力間違いにご注意ください。
FAX番号
メールアドレス※必須 ※アドレスの入力間違いにご注意ください。
メールアドレス(確認用)※必須
お問い合わせ内容※必須

(※キャンペーンキーワードもこちらに入力)

(※エンドユーザー情報もこちらに入力)