株式会社 安田精機製作所

No.260 フォームラバー繰り返し圧縮試験機

フォームラバー繰返し圧縮試験機とは、ポリウレタンフォームやラテックスフォームの軟質発泡材料に対し、B法(定変位法)により繰返し圧縮残留ひずみ試験を行う試験機です。フォームラバー繰返し圧縮試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.260 フォームラバー繰返し圧縮試験機

JIS-(K6382)、K6400-4
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • ポリウレタンフォームやラテックスフォームの軟質発泡材料に対し、B法(定変位法)により繰返し圧縮残留ひずみ試験を行います。
  • 試験片の厚さを測定した後、平行板の間に置き、毎分60回の速さで元の厚さの50%に圧縮し、これを80,000回連続で行います。
  • 試験片を取り出して規定の環境下で30分間放置し、再度試験片の厚さを測定します。
  • 試験前後の厚さから厚さ低下率を算出し、繰返し圧縮残留ひずみとします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
掛け数 2個掛
試験片 厚さ 20 mm以上、幅及び長さ 50 mm以上
圧縮板 310 × 310 mm、通気孔径 φ6 mm(ピッチ 20 mm)
圧縮距離 10 ~ 100 mm(2列単独可変式)
圧縮速度 60 回/min
カウンター 6桁(プリセット式)
オプション 安全カバー
電源 AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値) 約 W1,130 × D600 × H1,460 mm・約 280 kg

 

お見積り・資料請求フォームはこちら⇒

 

お問い合わせ