ボールタックテスター(球転装置)とは、粘着テープ・粘着シートの粘着性を簡易的に評価するボールタック試験を行うものです。ボールタックテスターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.183-BT ボールタックテスター

JIS-Z0237
  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. 粘着テープ、粘着シートの粘着性を簡易的に評価するための試験機です。
  3. 傾斜板の所定の位置からボールの大きさを変えて繰り返し転がし、測定部の範囲内に停止する(5秒間以上ボールが動かない)最大のボールを見いだします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式【固定式】
【可変式】
ゲート数5 個
傾斜板助走路: 100 mm、測定部: 100 mm
持上げ角度【固定式】30°
【可変式】15° ~ 45°
ボールφ1/16″ ~ φ1″(31種類各1個)・・・ 1組
機体寸法・重量(参考値)【固定式】約 W240 × D315 × H220 mm・約 6.5 kg
【可変式】約 W240 × D315 × H220 mm・約 8 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら