針入度試験機とは、JIS-K2207、K2220、ASTM-D1321などの規格に準拠し、石油アスファルトの針入度試験(硬さ試験)をするものです。針入度試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.515 針入度試験機

JIS-K2207、K2220、ASTM-D1321

Slide image

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 規定の針が100gの荷重で5秒間に試料中に進入した距離を測定します。
  • オプションとして、針を円すいコーンに取り換え、グリースのちょう度試験も行えます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
質量 2.5 ± 0.02 g
針保持具質量 47.5 ± 0.02 g
おもり50 g、100 g・・・各1個
縦移動ストローク:90 mm
ダイヤルゲージアナログ式、360°(1° = 0.1 mm)
付属品試料容器(アルミ製)、アクリル製容器、三脚形金属台
オプションちょう度試験用:
円すいコーン(標準、オプション、1/2、1/4)
機体寸法・重量(参考値)約 W300 × D300 × H600 mm・約 5.5 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら