株式会社 安田精機製作所

No.546 オートマチックフーバーマーラー

オートマチックフーバーマーラー(フーバー式マラー、)とは、フーバーマーラー法により、2枚のすりガラス製円盤の間で顔料・塗料をビヒクルと練り合わせ、分散させる機械です。

No.546 オートマチックフーバーマーラー

JIS-K5101

オートマチックフーバーマーラー

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. フーバー式マラー法により、2枚のすりガラス製円盤の間で顔料をビヒクルと練り合わせ、分散させます。
  3. 分散後、グラインドメーター(粒度測定器)を用いて分散性を調べます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
ガラス円盤 直径 φ180 mm・・・ 上下2枚
円盤回転速度 100 rpm
荷重 50 lbf、100 lbf、150 lbf 〈50 lbf = 22.68 kgf〉
カウンター 6桁(プリセット式、ランニング式)
電源 AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 約 W500 × D500 × H550 mm・約 55 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ