材料試験機(万能試験機)とは、プラスチック・ゴム・金属・セラミックス・木材などに対し、引張り試験、圧縮試験、3点曲げ試験などを行う装置です。試験片の「引張り強度、伸び、降伏点、耐力、応力、曲げ荷重、曲げ強さ、曲げ弾性率」などの機械的性質を測定します。

材料試験の内容

材料試験(万能試験)では、試験片に対し、引張り・圧縮・曲げ荷重などを加えることで起こる変形を測定します。

引張り試験とは

引張り試験とは、材料に対して行う試験のうちおそらく最も基礎的な試験です。試験片を試験機の上下チャックに固定し、試験片の応力が低下するまで、または規定の距離を移動するまで、一定速度で引張ります。

試験片の引張り強度、伸び、降伏点、耐力、応力などの、機械的性質を測定します。

圧縮試験とは

圧縮試験とは、試験片を試験機に固定し、上から圧縮荷重を加えることで起こる変形を測定する試験です。

3点曲げ試験とは

3点曲げ試験とは、試験片を試験機の両端チャックに固定し、試験片に曲げようとする力を加えることで起こる曲げ強さ、曲げ荷重、曲げ弾率性、伸びなどを測定する試験です。

安田精機製作所の材料試験機

安田精機製作所の材料試験機(オートストレン)は、プラスチック・ゴム材料に対し試験を行う試験機です。タッチパネル式を採用し、試験の操作と試験結果の確認は、全てタッチパネル上で簡単に行うことができます。

最大荷重の違いにより、5kNと10kNの2通りのタイプからお選びいただけます。

安田精機へのお問い合わせはこちら