安田精機製作所では、お客様のご要望にお応えすべく、様々なカスタマイズ製作のご依頼を承っております。ここでは、日々の取り組みの中でお客様からいただいたメッセージの一部をご紹介します。

大型試験機を3台導入されたお客様から

ご要望:3台同じ部屋に納入したい

MFR測定を完全自動化した「No.120 LABOT」は、他社に比べてかなりコンパクトな設計。ですが、1つの部屋に3台入れるにはスペースが必要です。
1台ずつにPCをつなぐ必要があるため、PCスペース3台分も確保する必要がありました。

安田精機のご提案

1台のPCで3台分のLABOTを管理操作できるよう、弊社のプログラマー(電気設計担当者)がソフトを改造。結果、無事に1つの部屋に3台のLABOTを納入することができました。

お客様からの声

色々無理なお願いもしましたが、全て要望通りに叶えていただき、感謝しています!
これだけ様々な動作を、省スペースでやってのけるこの機械には本当に驚かされます。
とても気に入っております。〔D社ご担当者様〕

担当

嬉しいお言葉をありがとうございます!
ちょっとしたアイデアと労力で、お客様の今後の作業環境は大きく変わります。安田精機では、そんな「ちょっとした工夫」をいつでも提供できる環境を整えております。

お客様からのメール

とあるメーカー様からは、試験機納入後に担当営業マン宛に1通のメールが届きました。

avatar
メーカー様
互いに物を作るメーカー同士だからかもしれませんが、やりとりの中で「作り手の思い」「使い手の思い」が共有できていると感じました。
言葉の選び方・伝え方・動きの速さ・正確さ。
小職には響くものがあります。
「どうも、ありがとう」と心から言いたい。
工場の皆さんにも伝えてもらいたい。
担当

心温まるメッセージを本当にありがとうございました。今後も、使い手の想いを大切にできる営業活動に尽力します。

メッセージを本当にありがとうございました。

ものづくりの世界で営業マンができること

安田精機の営業マンはお客様のご要望をできる限り良い形で叶えるために、自社プログラマーや機械・電気設計担当・サポート担当などとの「パイプ役」として、日々試験機やJIS規格を学び、お客様と共にクリアすべき問題点に向き合っております。

これからもより一層、お客様に寄り添いながら適切な試験機をご提供できるよう尽力いたします。