両刃式試料打抜器(試験片打抜器、レバー式プレスカッター)とは、板紙のリングクラッシュ試験用の試験片を正確に採取するものです。両刃式試料打抜器の仕様をわかりやすく説明しています。

No.355 両刃式試料打抜器

両刃式試料打抜器
  • 板紙のリングクラッシュ試験用の試験片を正確に採取するもの(試験片打抜器、レバー式プレスカッター)です。
  • レバーを下ろすだけで簡単に打ち抜くことができます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
打抜寸法幅 12.7 mm 、長さ 152.4 mm
機体寸法・重量約 W550 × D400 × H650 mm・約 32 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら