268 万能衝撃試験機
万能衝撃試験機とは、超低温環境(-70°C)でシャルピー衝撃試験を行えるようにした振子式衝撃試験機です。万能衝撃試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.268 万能衝撃試験機

JIS-K7111、K7111-1、ASTM-D256、D6110、ISO-179、180
268 万能衝撃試験機
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 超低温環境(-70°C)で シャルピー衝撃試験 を行えるようにした振子式衝撃試験機です。
  • 1サイクル自動で衝撃試験を行えます。
  • 15秒という短い時間で1サイクルの試験が行えます。
  • タッチパネルから試験条件を入力することでシャルピー衝撃試験を行います。
  • カセットを使用することで最大210個の試験片一度にセットできます。
  • 自動転送装置によって、「短時間に効率よく×正確な設置」が可能に。
  • 低温環境を作り出す能力に優れているため、低コストで素早く試験に取り掛かれます。
⇒カタログダウンロードはこちらから※イプロスのユーザー登録が必要になります。
<仕様は予告なく変更することがあります>
温度-70 °C ~ 80 °C(冷凍機式)
ハンマーご相談ください。
アンビル自動ノッチ位置決め装置、測定済試験片除去装置
試験片セット数70個 × 3 カセット(計 210 個) ※幅 10 × 厚さ 4 × 長さ 80 mmの場合
専用ソフトウェアWindows対応
オプション試験結果印刷用ミニプリンター(サーマルドット方式)、試験片寸法自動測定機能
電源AC 200 V、3相、30 A、50/60 Hz ※電気容量はオプションによる
エアー源0.5 MPa以上
機体寸法・重量(参考値)約 W1,300 × D1,460 × H1,970 mm 約 900 kg

到達時間約90分!素早く超低温環境に

2元冷凍回路によって、室温(23℃)から―70℃までの到達時間約90分が可能に
2元冷凍回路によって、室温(23℃)から―70℃までの到達時間約90分が可能に。





低ランニングコスト

超低温領域での試験にも、費用も手間もかかりません
LN₂やLCO₂をしないので、ボンベ設置や交換も不要。超低温領域での試験にも、費用も手間もかかりません。





優れた操作性

タッチパネル
直観操作ができるタッチパネルでの入力さえすれば、試験片のセット→実行→衝撃強さの計算もすべて自動で進みます。 試験結果は試験機内部に保存され、CSVデータとしてPCへ読みだしも可能となっております。