万能衝撃試験機とは、超低温環境(-70°C)でシャルピー衝撃試験を行えるようにした振子式衝撃試験機です。万能衝撃試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.268 万能衝撃試験機 NEW!

JIS-K7111、K7111-1、ASTM-D256、D6110、ISO-179、180
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 超低温環境(-70°C)でシャルピー衝撃試験を行えるようにした振子式衝撃試験機です。
  • 1サイクル自動で衝撃試験を行えます。
  • 15秒という短い時間で1サイクルの試験が行えます。
  • タッチパネルから試験条件を入力することでシャルピー衝撃試験を行います。
  • カセットを使用することで最大210個の試験片一度にセットできます。
  • 自動転送装置によって、「短時間に効率よく×正確な設置」が可能に。
  • 低温環境を作り出す能力に優れているため、低コストで素早く試験に取り掛かれます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
温度-70 °C ~ 80 °C(冷凍機式)
ハンマーご相談ください。
アンビル自動ノッチ位置決め装置、測定済試験片除去装置
試験片セット数70個 × 3 カセット(計 210 個)
※幅 10 × 厚さ 4 × 長さ 80 mmの場合
専用ソフトウェアWindows対応
オプション試験結果印刷用ミニプリンター(サーマルドット方式)、試験片寸法自動測定機能
電源AC 200 V、3相、30 A、50/60 Hz
※電気容量はオプションによる
エアー源0.5 MPa以上
機体寸法・重量(参考値)約 W1,300 × D1,460 × H1,970 mm 約 900 kg

製品のお問い合わせ

到達時間約90分!素早く超低温環境に


2元冷凍回路によって、室温(23℃)から―70℃までの到達時間約90分が可能に。

 

 

 

◇低ランニングコスト

LN₂やLCO₂をしないので、ボンベ設置や交換も不要。超低温領域での試験にも、費用も手間もかかりません。

 

 

◇優れた操作性

直観操作ができるタッチパネルでの入力さえすれば、試験片のセット→実行→衝撃強さの計算もすべて自動で進みます。

試験結果は試験機内部に保存され、CSVデータとしてPCへ読みだしも可能となっております。

 

 

製品のお問い合わせ






製品No または 製品名※必須
ご要望※必須購入希望見積もり希望カタログ希望連絡希望訪問希望その他
動機※必須新規導入既存入れ替え購入前デモ試験情報収集予算申請用その他
会社名※必須※以下について、海外のお客様は入力できる範囲でご入力下さい。

部署
担当者※必須
郵便番号※必須
都道府県※必須
市区町村以降の住所※必須
電話番号※必須 ※番号の入力間違いにご注意ください。
FAX番号
メールアドレス※必須 ※アドレスの入力間違いにご注意ください。
メールアドレス(確認用)※必須
お問い合わせ内容※必須

(※キャンペーンキーワードもこちらに入力)

(※エンドユーザー情報もこちらに入力)