株式会社 安田精機製作所

No.149 応力き裂試験器具・ストレスクラッキングテスター

 

応力き裂試験器具(ストレスクラッキングテスター)とは、プラスチックの定ひずみ環境応力き裂試験を行うための試験器具です。応力き裂試験器具の仕様をわかりやすく説明しています。

No.149 応力き裂試験器具(ストレスクラッキングテスター)

JIS-K6922-2、Z1703、ASTM-D1693、ISO-1872-2

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. プラスチックの定ひずみ環境応力き裂試験を行うための試験器具です。
  3. ノッチ(切れ目)を入れた試験片10個を、試験片固定具に取り付けて試験管に入れ、試薬を注ぎ入れます。
  4. 【ストレスクラッキング試験】50±0.5°Cに調整した恒温槽(恒温水槽)に入れ、10個の試験片のうち5個にき裂が生じるまでの時間を測定し、評価します。

※50°Cに調整する恒温槽と試薬は別売です。

<仕様は予告なく変更することがあります>
試験片 幅 13 ± 0.8 mm、長さ 38 ± 2.5 mm、厚さ 3 mm または 2 mm
ノッチ入れジグ ノッチ深さ 0.5 mm、0.3 mm
ノッチ長さ 19.1 ± 0.1 mm
試験片曲げジグ 1個
試験片移動ジグ 1個
付属品 試験管(外径 φ30 × 200 mm)、コルク栓、アルミニウム箔、試験片固定具・・・ 各5個
機体寸法・重量 約 W320 × D50 × H65 mm・約 2.5 kg(ノッチ入れジグ)

安田精機へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ