応力き裂試験器具(ストレスクラッキングテスター)とは、プラスチックの定ひずみ環境応力き裂試験を行うための試験器具です。応力き裂試験器具の仕様をわかりやすく説明しています。

No.149 応力き裂試験器具(ストレスクラッキングテスター)

JIS-K6922-2、Z1703、ASTM-D1693、ISO-1872-2
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • プラスチックの定ひずみ環境応力き裂試験を行うための試験器具です。
  • ノッチ(切れ目)を入れた試験片10個を、試験片固定具に取り付けて試験管に入れ、試薬を注ぎ入れます。
  • 【ストレスクラッキング試験】50±0.5°Cに調整した恒温槽(恒温水槽)に入れ、10個の試験片のうち5個にき裂が生じるまでの時間を測定し、評価します。

※50°Cに調整する恒温槽と試薬は別売です。

<仕様は予告なく変更することがあります>
試験片幅 13 ± 0.8 mm、長さ 38 ± 2.5 mm、厚さ 3 mm または 2 mm
ノッチ入れジグノッチ深さ 0.5 mm、0.3 mm
ノッチ長さ 19.1 ± 0.1 mm
試験片曲げジグ1個
試験片移動ジグ1個
付属品試験管(外径 φ30 × 200 mm)、コルク栓、アルミニウム箔、試験片固定具・・・ 各5個
機体寸法・重量約 W320 × D50 × H65 mm・約 2.5 kg(ノッチ入れジグ)

製品のお問い合わせ

製品のお問い合わせ






製品No または 製品名※必須
ご要望※必須購入希望見積もり希望カタログ希望連絡希望訪問希望その他
動機※必須新規導入既存入れ替え購入前デモ試験情報収集予算申請用その他
会社名※必須※以下について、海外のお客様は入力できる範囲でご入力下さい。

部署
担当者※必須
郵便番号※必須
都道府県※必須
市区町村以降の住所※必須
電話番号※必須 ※番号の入力間違いにご注意ください。
FAX番号
メールアドレス※必須 ※アドレスの入力間違いにご注意ください。
メールアドレス(確認用)※必須
お問い合わせ内容※必須

(※キャンペーンキーワードもこちらに入力)

(※エンドユーザー情報もこちらに入力)