株式会社 安田精機製作所

No.162 スリップテスター

 

スリップテスター(滑り傾斜角測定装置)とは、傾斜法により、プラスチックフィルム・紙等の試験片が滑り始める傾斜角を測定する試験機です。スリップテスターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.162 スリップテスター

JIS-P8147(傾斜法)

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. 写真は「熱盤仕様(オプション)」となります。
  3. 傾斜法により、プラスチックフィルム、紙等の試験片が滑り始める傾斜角(静摩擦係数)を測定する試験機(滑り傾斜角測定装置、摩擦測定機、摩擦角測定機)です。
  4. 傾斜角をゼロにした状態で、傾斜板に取り付けた試験片と重りに取り付けた試験片を密着させます。
  5. 傾斜板を一定速度で傾斜させ、重りを取り付けた試験片が滑り出し始めたときの角度の正接(tanθ)を計算し、静摩擦係数とします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
おもり 幅 60 mm、長さ 100 mm、質量 1,000 g
傾斜板 上面ガラス板、滑り面有効長さ 600 mm
傾斜角度 0 ~ 70°(アナログ目盛盤 0.2° 刻み)
傾斜速度 1 °/s
電源 AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 約 W750 × D350 × H425 mm・約 29 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

No.162-FS スリップテスター(水平法)

JIS-K7125、P8147、ASTM-D3247、ISO-8295、TAPPI-T816

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. 水平法により、プラスチックフィルム、紙等の静摩擦係数及び動摩擦係数を測定する試験機(摩擦測定機、摩擦係数測定器)です。
  3. 水平板の上に水平板用の試験片を固定し、おもり用の試験片をおもりに密着させて固定します。
  4. 金属線の一端を摩擦子とするおもりのフックに結び、他端をロードセル部に付け、水平板を50mm動かすことで示される摩擦力(静摩擦力、動摩擦力)を測定します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試験方法 【紙、板紙用】
【プラスチックフィルム用】
おもり 【紙、板紙用】幅 60 mm、長さ 100 mm、質量 1,000 g
【プラスチックフィルム用】63 × 63 mm(接触面積 40 cm2)質量 200 ± 2 g(1.96 ± 0.02 N)
水平板 幅 200 mm、長さ 380 mm
試験片 【紙、板紙用】水平板用: 幅 100 mm、長さ 250 mm おもり用: 幅 60 mm、長さ 120 mm
【プラスチックフィルム用】幅 80 mm、長さ 200 mm、厚さ 0.5 mm以下
摩擦力測定 ロードセル: Max. 10 N、20 N、50 Nより選択
移動速度 【紙、板紙用】10.0 ± 0.2 mm/min
【プラスチックフィルム用】100 ± 10 mm/min または、500 ± 10 mm/min
付属品 【紙、板紙用】ー
【プラスチックフィルム用】補助板(質量 5 g以下)
オプション 移動速度可変速仕様、専用ソフトウェア、記録計、熱盤仕様、安全カバー
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 約 W600 × D375 × H415 mm・約 35 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

No.162-OY O⋅Yプルスリップテスター

JIS-A1454、A1509-12

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. 床材の滑り性を評価する指標として引張荷重を測定するための試験機(O-Y⋅PSM)です。
  3. 規定の鉛直荷重を規定の滑り片の上から試験片にかけ、直ちに斜め上方18°の方向に規定の引張荷重速度で引っ張ります。
  4. 滑り片が滑り始めるときの最大引張荷重を測定し、滑り抵抗係数(C.S.R)を算出します。
  5. オプション仕様ではセラミックタイル(陶磁器湿タイル)の耐滑り性試験も可能です。
  6. 極小引張荷重も測定することで、従来の滑り抵抗係数(C.S.R)に加えて素足で歩行する場所に使用するタイルに適用する滑り抵抗係数(C.S.R⋅B)の算出もできます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試験片 100 × 120 mm以上(陶磁器質タイルの場合: 90 × 135 mm以上)
滑り片 底面 80 × 70 mm
鉛直荷重 初荷重 294 N(30 kgf) ~ Max. 785 N(80 kgf)(規格値 785 N)
引張角度 18°
引張荷重測定 ロードセル、Max. 5 kN(最小単位 1 N)
引張荷重速度 785 N/s
専用ソフトウェア Windows対応
オプション 試験片保持具(標準用、段鼻角用)、陶磁器質タイル仕様(滑り片、試験用粉体、C.S.R⋅B値測定ソフトウェア)
電源 AC 100 V、単相、10 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値) 本体: 約 W1,610 × D550 × H1,150 mm・約 310 kg
操作盤: 約 W460 × D500 × H240 mm・約 15 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.162-S5 5連式スリップテスター

JIS-P8147、ASTM-D1894、D3248、TAPPI-(T503)、(T542)、T815

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. 傾斜法により、プラスチックフィルム、紙等の試験片が滑り始める傾斜角(静摩擦係数)を測定する試験機(滑り傾斜角測定装置)です。
  3. 最大で一度に5ヶの試験片を試験することが可能で、タッチパネルでは試験を行った5ヶの平均値を算出し、プリントアウトすることも可能です。
  4. 傾斜角をゼロにした状態で、傾斜板に取り付けた試験片と重りに取り付けた試験片を密着させます
  5. 傾斜板を一定速度で傾斜させ、重りを取り付けた試験片が滑り出し始めたときの角度の正接(tanθ)を計算し、静摩擦係数とします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
おもり 幅 41 mm、長さ 26 mm、質量 150 g・・・ 5個
傾斜板 幅 320 mm、有効長さ 325 mm
傾斜角度 0 ~ 70°(分解能 0.1°)
傾斜速度 1°/s
戻り速度 3°/s、自動戻り機構
電源 AC 100 V、単相、10 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 約 W550 × D600 × H320 mm・約 50 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ