株式会社 安田精機製作所

No.270 ロスフレキシングテスター

 

ロスフレキシングテスター(屈曲試験機)とは、ゴムの屈曲によるクラックの成長を観察し、耐久性を評価する試験機です。ロスフレキシングテスターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.270 ロスフレキシングテスター

ASTM-D1052

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. ゴムの屈曲によるクラックの成長を観察し、耐久性を評価します。
  3. 主に靴底等に用いられます。
  4. 低温槽内で試験を行うL型も取り揃えています。
  5. 規定の大きさに切り取った後、専用の治具を使用して一端から62±2mmの位置に直径2.5±0.01mmの穴を開けて試験片とします。
  6. 試験片を試験機に取り付け、水平の位置から45°に屈曲させて、穴の長さが500%になるか、穴と亀裂がつながって合わせた長さが15mmになるか、屈曲回数が25万回に達するまで繰り返し屈曲を行います。
  7. 元の穴の長さから100%増加するごとの平均の屈曲回数を、500%に達するまで算出し、耐久性とします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.270 ロスフレキシングテスター
掛け数 12個掛(幅 25 mm用)
4個掛(幅 100 mm用)(2種)
試験片 幅 25 ± 1 mm、長さ 153 mm、厚さ 6.35 ± 0.03 mm(標準)
屈曲角度 90°(オプション: 45°、2段切換式)
屈曲速度 100 ± 5 回/min
調節ローラーストローク 0 ~ 50 mm(可変式)
カウンター 6桁(プリセット式)
温度
付属品 試験片孔あけ具
電源 AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値) 12個掛:約 W670 × D450 × H450 mm・約 85 kg
4個掛:約 W670 × D450 × H450 mm・約 85 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 No.270-L ロスフレキシングテスター(低温槽付)

ASTM-D1052

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. 低温槽の中で試験を行えるロスフレキシングテスターです。
  3. 試験片に開けた元の穴の長さから100%増加するごとの平均の屈曲回数を、500%に達するまで算出し、耐久性とします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.270-L ロスフレキシングテスター(低温槽付)
掛け数 12個掛(幅 25 mm用)
4個掛(幅 100 mm用)(2種)
試験片 幅 25 ± 1 mm、長さ 152 mm、厚さ 6.35 ± 0.03 mm(標準)
屈曲角度 90°(オプション: 45°、2段切換式)
屈曲速度 100 ± 5 回/min
調節ローラーストローク 0 ~ 50 mm(可変式)
カウンター 6桁(プリセット式)
温度 -35 ~ 60 °C(冷凍機式)
付属品 試験片孔あけ具
電源 AC 200 V、3相、30 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 約 W1,100 × D690 × H1,020 mm・約 300 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ