鉛筆硬度試験機(鉛筆硬度計、鉛筆引っ掻き塗膜硬度試験機)とは、試験機法・鉛筆法により、塗膜の表面硬度を評価するための試験機です。また、化粧板のクレメンス形引っかき硬さ試験やエナメル線の耐溶剤性の評価にも用いられます。鉛筆引っかき硬度試験機の仕様をタイプ別にわかりやすく説明しています。

デモ機が必要なお客様はこちらからお問合せ下さい。

No.553-M(電動)の操作・動作動画

※各タイプの詳しい仕様については、最下部のタブからご覧ください。

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.553-M(電動)鉛筆引っかき硬度試験機

  • 鉛筆引っかき硬度試験機をハンドルを回すのではなく、電動で動かせるようにした試験機です。
  • 一度に2本の鉛筆で試験できるようにしたM2タイプもご用意しています。

 

 

 

No.553(手動)鉛筆引っかき硬度試験機

  • 塗膜の鉛筆引っかき硬度を評価します。
  • 化粧板のクレメンス形引っかき硬さ試験やエナメル線の耐溶剤性の評価にも用いられます。
  • 規定の鉛筆を試験機に取り付け、バランスを取った後、規定のおもりを載せ、ハンドルを回すことで塗面を対して45°の角度で引っかきます。
  • 試験後は目視により試験片の圧痕を調べて評価し、塗膜の破れやすり傷が認められない最も硬い鉛筆の濃度記号を鉛筆引っかき値とします。

 

 

No.553-S(手押し)鉛筆引っかき硬度試験機

  • 鉛筆法により、塗膜の引っかき硬度を簡単に測定する試験機(ハンディ鉛筆引掻き硬度試験機)です。
  • 塗面に対して45°に取り付けられた鉛筆の先に、750gの荷重が掛かるようになっています。
  • 規定の鉛筆を試験機に取り付け、鉛筆の先端が試験片に載った後、毎秒0.5~1.0mmの速度で少なくとも7mmの距離を押して試験します。
  • 試験後は目視により試験片の圧痕を調べて評価します。

 

 

No.553-AUTO(全自動)鉛筆引っかき硬度試験機

  • ロボット機構により、鉛筆引っかき硬度試験機を完全自動化した試験機(鉛筆引掻塗膜硬度試験機)です。
  • カセットに試験板をセットし、タッチパネル上で試験条件を入力するだけで、最大160本(2本×80個)の引っかき動作を連続で行うことができます。

 

 

 

仕様

No.553No.553-SNo.553-MNo.553-AUTO
<仕様は予告なく変更することがあります>
規格JIS-(C3003)、C3216-4、D0202、(K5400)、K5600-5-4、K5651、K6894、K6902、ASTM-D2197、D3363、ISO-15184、IEC-60521-4
型式No.553鉛筆引っかき硬度試験機(手動)
試料台100 × 180 mm
ストローク左右 Max. 100 mm、前後 Max. 50 mm
引っかき角度45°(エナメル線用 60°)
引っかき速度ハンドル式、1.75 mm/1回転
荷重Max. 1 kgf(バランスウェイト式)
付属品三菱uni鉛筆(6B ~ 9H)・・・ 計17本、鋼針・・・ 1本、専用鉛筆削り、研磨紙(#400)、水準器
オプション熱盤仕様、通電装置、鋼針(直径 φ3 mm、長さ 23 mm、先端角度 60°)
電源
機体寸法・重量約 W500 × D170 × H370 mm・約 8 kg
<仕様は予告なく変更することがあります>
規格JIS-K5600-5-4
型式No.553-S鉛筆引っかき硬度試験機(手押し)【1荷重式】【3荷重式】
引っかき角度45 ± 1°
荷重【1荷重式】750 gf 【3荷重式】500 gf、750 gf、1,000 gf
付属品三菱uni鉛筆(6B ~ 9H)・・・ 計17本、専用鉛筆削り、
研磨紙(#1000)、収納用木箱、追加荷重(3荷重式のみ)
機体寸法・重量約 W100 × D80 × H125 mm・約 2 kg
<仕様は予告なく変更することがあります>
規格JIS-(C3003)、C3216-4、D0202、(K5400)、K5600-5-4、K5651、K6894、K6902、ASTM-D2197、D3363、ISO-15184、IEC-60521-4
型式No.553-M鉛筆引っかき硬度試験機(電動)
試料台M-1: 100 × 180 mm
M-2: 150 × 180 mm
ストローク左右 Max. 100 mm、前後 Max. 50 mm
引っかき角度45°(エナメル線用 60°)
引っかき速度電動可変速式(規格値 0.5 ~ 1 mm/s)
荷重Max. 1 kgf(バランスウェイト式)
付属品三菱uni鉛筆(6B ~ 9H)・・・ 計17本、鋼針・・・ 1本、専用鉛筆削り、研磨紙(#400)、水準器
オプション熱盤仕様、通電装置、鋼針(直径 φ3 mm、長さ 23 mm、先端角度 60°)
電源AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
機体寸法・重量M-1:
約 W440 × D200 × H440 mm・約 23 kg
M-2:
約 W440 × D260 × H440 mm・約 30 kg
<仕様は予告なく変更することがあります>
規格JIS-(C3003)、C3216-4、D0202、(K5400)、K5600-5-4、K5651、K6894、K6902、ASTM-D2197、D3363、ISO-15184、IEC-60851-4
型式No.553-AUTO 鉛筆引っかき硬度試験機(全自動)
掛け数2個掛
試験板セット数80個(試験板1個につき引っかき線2本)
ストロークMax. 60 mm(引っかき線1本を3分割可能)(オプション: 5分割)
引っかき角度45°(エナメル線用 60°)
引っかき荷重測定電動可変速式(規格値 0.5 ~ 1 mm/s)
荷重Max. 1 kgf(バランスウェイト式)
標準自動化機構自動試験板セット機構、自動鉛筆回転機構、自動鉛筆先端研磨機構、自動鉛筆高さ補正機構
電源AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量約 W1,250 × D750 × H1,480 mm・約 250 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

※No.553-F 鉛筆引っかき硬度試験機(ロードセルタイプ)は販売終了致しました。
校正や修理、その他ご質問がある場合は、こちらからお問合せください。