マロン機械的安定度試験機(機械的安定性測定装置)とは、合成ラテックス・合成樹脂エマルジョンの機械的安定性を評価するための試験機です。マロン機械的安定度試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.156 マロン機械的安定度試験機

JIS-(K6387)、(K6392)、(K6828)
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 合成ラテックス、合成樹脂エマルジョンの機械的安定性を評価するための試験機です。
  • 金網でろ過した試料を50±0.5g量り採って試料容器に入れ、回転円板を試料容器の底のポリエチレン製ライナー面に下降させます。ポリエチレン製ライナーに規定の荷重をかけて毎分1000±20回転の速度で回転させます。規定の時間回転させた後、凝固物を金網を使ってろ過し、乾燥後に質量を測定します。
  • 試料の凝固率を算出し、金網の目開き、台秤の目盛、回転時間、回転停止時の温度から機械的安定性を評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.156 マロン機械的安定度試験機
試料50 ± 0.5 g
回転円板直径 φ50 mm、厚さ 13 mm
円板回転速度1,000 ± 20 rpm
荷重方式ハンドル加圧式
荷重測定台秤、Max. 100 kgf(最小単位 0.05 kgf)
(規格値 5 kgf、10 kgf、15 kgf)
試料容器内径 φ76 mm、深さ 85 mm
タイマーMax. 99 hr 59 min
付属品ポリエチレンライナー・・・ 10 枚
オプション熱盤仕様、安全カバー
電源AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量約 W400 × D460 × H1,060 mm・約 70 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.156-AUTO マロン機械的安定度試験機(自動)

JIS-(K6387)、(K6392)、(K6828)
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • マロン機械的安定度試験機を自動化した試験機です。切換スイッチにより、ハンドルによる加圧もできます。
  • 実荷重式の荷重方式で回転円板を自動で下降させ、任意の時間回転した後自動で停止します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.156-AUTO マロン機械的安定度試験機(自動)
試料50 ± 0.5 g
回転円板直径 φ50 mm、厚さ 13 mm
円板回転速度1,000 ± 20 rpm
荷重方式実荷重式(ウエイト電動昇降式)
荷重測定台秤、Max. 100 kgf(最小単位 0.05 kgf)
(規格値 5 kgf、10 kgf、15 kgf)
試料容器内径 φ76 mm、深さ 85 mm
タイマーMax. 99 hr 59 min
付属品ポリエチレンライナー・・・ 10 枚
オプション熱盤仕様、安全カバー
電源AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量約 W450 × D700 × H1,060 mm・約 120 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら