こちらのページでは、特殊な燃焼性試験機をまとめています。詳しい仕様は以下をご覧ください。

No.214 酸素指数燃焼性試験機

JIS K6269、K7201、L1091、ASTM D2863、ISO 4589-2、消防法

214 酸素指数燃焼性試験機

  • 本機は上記規格に準拠し、製造されています。
  • 酸素指数法によりプラスチック、ゴムの燃焼性を測定します。
  • ISO型は、タッチパネル上にて、酸素流量に応じた酸素濃度を自動で算出する機能を備えています。
  • 燃焼円筒(カラム)内に垂直に支持された試験片が有炎燃焼するときの、酸素流量と窒素流量を測定します。
  • 試験片が3分以上継続して燃焼するか、着炎後の燃焼長さが50mm以上燃え続けるのに必要な最低の酸素流量と、そのときの窒素流量から  酸素指数 を算出します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
燃焼円筒 内径 φ75 + 3 mm、高さ 450 ± 5 mm
流量計 酸素用: Max. 8.6 l/min (目盛 0.1 l/min) 窒素用: Max. 11 l/min (目盛 0.1 l/min)
圧力計 酸素用: Max. 0.1 MPa(目盛 0.002 MPa) 窒素用: Max. 0.1 MPa(目盛 0.002 MPa) 漏れ点検用: Max. 0.1 MPa(目盛 0.002 MPa)
バーナー 炎の長さ 6 ~ 25 mmに調節可能
試験片 プラスチック、ゴム、繊維
付属品 U字形保持具、ガラス粒
オプション 温度計(燃焼円筒内測定用)、巻上げ試験片作製用ジグ、 高温試験仕様(HT)、酸素濃度分析計付
電源
熱源 プロパンガス または 都市ガス
ガス供給 酸素、窒素
機体寸法・重量(参考値) 約 W600 × D300 × H580 mm・約 35 kg

 

 No.214-ISO 酸素指数燃焼性試験機

JIS K6269、K7201、L1091、ASTM D2863、ISO 4589-2、消防法

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 酸素指数法によりプラスチック、ゴムの燃焼性を測定します。
  • ISO型は、タッチパネル上にて、酸素流量に応じた酸素濃度を自動で算出する機能を備えています。
  • 燃焼円筒(カラム)内に垂直に支持された試験片が有炎燃焼するときの、酸素流量と窒素流量を測定します。
  • 試験片が3分以上継続して燃焼するか、着炎後の燃焼長さが50mm以上燃え続けるのに必要な最低の酸素流量と、そのときの窒素流量から酸素指数を算出します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
燃焼円筒 内径 φ95 mm、高さ 450 mm、 上ふた出口 直径 φ40 mm
流量計 酸素用: Max. 20 l/min (目盛 0.1 l/min) 窒素用: Max. 20 l/min (目盛 0.1 l/min)
圧力計 酸素用: Max. 0.1 MPa(目盛 0.002 MPa) 窒素用: Max. 0.1 MPa(目盛 0.002 MPa) 漏れ点検用: Max. 0.1 MPa(目盛 0.002 MPa)
バーナー 炎の長さ 6 ~ 25 mmに調節可能
試験片 プラスチック、ゴム、繊維
付属品 U字形保持具
オプション 温度計(燃焼円筒内測定用)、巻上げ試験片作製用ジグ、 高温試験仕様(HT)、酸素濃度分析計付
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
熱源 プロパンガス または 都市ガス
ガス供給 酸素、窒素
機体寸法・重量(参考値) 約 W600 × D270 × H580 mm・約 25 kg

 

No.252-UL-94 プラスチック燃焼性試験機(手動)

UL-94、JIS K6911、ASTM D635、D3801、D4804、D5025、D5207、ISO 1210

252-UL-94 プラスチック燃焼性試験機(手動)

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • プラスチックの耐燃性を評価するための試験機(換気フード付き試験チャンバー、UL94燃焼試験用チャンバー、UL-94試験機)です。
  • 水平燃焼試験(HB)または垂直燃焼試験(V)を標準装備で行えます。
  • バーナーを使用して試験片に接炎させて時間を計ります。
  • 試験片の燃焼状態に応じてバーナーの位置を槽外のハンドルで調節しますので安全です。
  • その他の燃焼試験(5V、VTM、HBF、HF)についても、オプションの支持冶具を使用することで、簡単に行えます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
ドラフター 1,000 × 560 × 900 mm(容積 約 0.5 ㎥)
バーナー 管の長さ 100 ± 10 mm、内径 φ9.5 ± 0.3 mm
バーナー支持台 スライド式(バーナー水平移動ハンドル操作)、傾斜角度 45 ± 2°、20 ± 5°(5 V)
流量計 1つの場合… HB、V:Max.150 ml/min (目盛 2 ml/min)(規格値 105 ml/min)
2つの場合… HB、V:Max.150 ml/min (目盛 2 ml/min)(規格値 105 ml/min)、 5V:Max.1,000 ml/min (目盛 10 ml/min)(規格値 965 ml/min)
マノメーター Max.200(± 100)mmH₂O(目盛 1mmH₂O)(規格値 10mmH₂O 未満)
付属品 耐熱手袋、ガスライター、水準器、炎高さゲージ
オプション VTM用(薄手)冶具、HBF用(発砲材料)冶具
バーナー校正装置 オプション
バーナー校正装置に付属されるもの タイマー(タッチパネル表示)、デジタル指示計(温度)、熱電対とスラグ、スラグ位置ゲージ
電源 AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
熱源 メタンガス(最低純度 98 %)
機体寸法・重量(参考値) 本体:約 W1,400 × D700 × H1,220 mm、100 kg 校正装置:約 W300 × D350 × H300 mm、約 7 kg

 

No.252-UL-94 プラスチック燃焼性試験機(電動)

UL-94、JIS K6911、ASTM D635、D3801、D4804、D5025、D5207、ISO 1210

252-UL-94 プラスチック燃焼性試験機(電動)

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • プラスチックの耐燃性を評価します。
  • 水平燃焼試験(HB)または垂直燃焼試験(V)を標準装備で行えます。
  • バーナーを使用して試験片に接炎させて時間を計ります。
  • 試験片の燃焼状態に応じてバーナーの位置をジョグダイヤル式コントローラーにより調節させて試験します。
  • その他の燃焼試験(5V、VTM、HBF、HF)についても、オプションの支持冶具を使用することで、簡単に行えます。
  • タッチパネルでは音声ガイダンス付で試験方法に応じた操作手順をナビゲートします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
ドラフター 1,000 × 560 × 900 mm(容積 約 0.5 ㎥)
バーナー 管の長さ 100 ± 10 mm、内径 φ9.5 ± 0.3 mm
バーナー支持台 スライド式(ジョグダイヤル式コントローラー操作)、傾斜角度 45 ± 2°、20 ± 5°(5 V)
流量計 2つ標準付属 HB、V:Max.150 ml/min (目盛 2 ml/min)(規格値 105 ml/min)、 5V:Max.1,000 ml/min (目盛 10 ml/min)(規格値 965 ml/min)
マノメーター Max.200(± 100)mmH₂O(目盛 1mmH₂O)(規格値 10mmH₂O 未満)
付属品 耐熱手袋、ガスライター、水準器、炎高さゲージ
オプション VTM用(薄手)冶具、HBF用(発砲材料)冶具
バーナー校正装置 標準装備
バーナー校正装置に付属されるもの タイマー(タッチパネル表示)、デジタル指示計(温度)、熱電対とスラグ、スラグ位置ゲージ
電源 AC 100 V、単相、10 A、50/60 Hz
熱源 メタンガス(最低純度 98 %)
機体寸法・重量(参考値) 約 W1,400 × D700 × H1,220 mm、約 218 kg 校正装置:内蔵

 

No.252-UL-1581 電線燃焼性試験機

UL-1581、ASTM D5025、D5207
252-UL-1581 電線燃焼性試験機
252-UL-1581 電線燃焼性試験機 校正装置
252-UL-1581 電線燃焼性試験機ドラフター
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 電線、ケーブルまたはコードの耐燃焼性を評価するための垂直燃焼試験を行います。
  • この試験機はドラフター、燃焼装置、校正装置で構成されています。
  • 試験片にインジケーターフラッグを取り付け、上下 チャック に固定します。
  • 炎を調整したバーナーを20°に傾斜させて試験片に接炎させ、15秒間の接炎及び15秒間の接炎休止を5回繰り返し、インジケーターフラッグと下に敷いた脱脂綿の燃焼程度及び試験片の有炎燃焼時間から、耐燃焼性を評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
ドラフター 1.6 × 1.6 × 1.6 m(容積 約 4 m3
試料 長さ 450 ± 10 mm
バーナー 管の長さ 100 ± 10 mm、内径 φ9.5 ± 0.3 mm
バーナー支持台 傾斜角度 20°
バーナー校正装置 流量計: Max. 1,000 ml/min(目盛 10 ml/min)(規格値 965 ml/min) マノメーター: Max. 500(± 250) mmH2O(目盛 1 mmH2O)(規格値 125 ± 15 mmH2O)、 タイマー、温度計、スラグ
付属品 耐熱手袋、ガスライター、炎高さゲージ、リングスタンド、脱脂綿
バーナー校正装置に付属されるもの スラグ位置ゲージ
電源 本体: AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz 校正装置: AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
熱源 メタンガス(最低純度 98 %)
機体寸法・重量(参考値) ドラフター:約 W2,000 × D1,600 × H2,350 mm・約 442 kg 校正装置 :約 W540 × D420 × H1,100 mm・約 28 kg

 

No.440 織布燃焼性試験機

JIS L1091

440 織布燃焼性試験機

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 繊維製品の燃焼性試験のうち、C法(燃焼速度試験)を行うための試験機です。
  • スカーフ類及び衣料品などの、薄地の繊維製品の試験に適しています。
  • 予備の試験片を用いて位置を調整し、炎の長さを16mmにした後、規定の養生を施した試験片に取り替え、おもりを取り付けた止め糸を張ります。
  • 試験片に1秒間接炎すると同時に時間を測定し始め、止め糸が燃えておもりが落下するまでの時間を測定して燃焼速度とします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試験片 約 50 × 150 mm
バーナー プロパンガスバーナー、炎の長さ 16 mm
タイマー Max. 999.9 sec(プリセット式)
接炎角 45°
接炎時間 1 sec
炎長調節 ニードルバルブ式、U字管マノメーター付
試験片ホルダ取付角 30°、45°、60°
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
熱源 液化石油ガス2種4号
機体寸法・重量(参考値) 約 W400 × D320 × H530 mm・約 30 kg

 

 No.440-S MVSS燃焼性試験機

FMVSS-302、JIS D1201、(JASO)、ISO 3795、ASTM D5132

440-S MVSS燃焼性試験機

  • 自動車、農業用トラクタ及び機械装置等の内装材料の燃焼性試験を行うための試験機です。
  • バーナの炎の長さを38mmに調節し、試験片を取り付けた試験片取付具を燃焼室内に押し込み、15秒間炎にさらします。
  • 規定の距離を燃焼するのに要した時間から燃焼速度を算出し、炎が途中で消えた場合は燃焼距離を測定します。
  • 規格によって対象機種をお選びください。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.440-S1【FMVSS】
試験片(規格値) 幅 102 mm、長さ 356 mm、厚さ 13 mm以下
ブンゼンバーナー 内径 φ10 mm
熱源 天然ガス
試験片取付具 U字形、溝付(ピッチ 25 mm)、標線付
耐熱ワイヤー 直径 φ0.25 mm
付属品 試験片取付具一式、ガスライター、水銀温度計、LPG 用ガスホース、 ホースバンド、炎高さゲージ、 耐熱ワイヤー試験片台、ボビン
オプション タイマー(接炎時間自動制御)、丸形水準器、耐熱ワイヤー(予備)
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz(タイマー付)
機体寸法・重量(参考値) 約 W480 × D250 × H580 mm・約 25 kg

 

<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.440-S1【ASTM】
試験片(規格値) 幅 100 mm長さ 300 mm以上、厚さ 13 mm以下
ブンゼンバーナー 内径 φ9.5 ± 0.3 mm
熱源 メタンガスまたは天然ガス(発熱量37±1MJ/㎥)
試験片取付具 U字形、溝付(ピッチ 25 mm)、標線付
耐熱ワイヤー 直径 φ0.25 mm
付属品 試験片取付具一式、ガスライター、水銀温度計、LPG 用ガスホース、 ホースバンド、炎高さゲージ、 耐熱ワイヤー試験片台、ボビン
オプション タイマー(接炎時間自動制御)、丸形水準器、耐熱ワイヤー(予備)
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz(タイマー付)
機体寸法・重量(参考値) 約 W480 × D250 × H580 mm・約 25 kg

 

<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.440-S2【JIS、ISO】
試験片(規格値) ・幅 3~60 mm の場合 長さ 356 mm、 厚さ 13 mm以下 ・幅 60~100mmの場合 長さ 138 mm、 厚さ 13 mm以下
ブンゼンバーナー 内径 φ9.5 ± 0.5 mm
熱源 天然ガス(発熱量 38 MJ/㎥)
試験片取付具 U字形、溝付(ピッチ 25 mm)、ピン付、受け皿付
耐熱ワイヤー 直径 φ0.25 mm
付属品 試験片取付具一式、ガスライター、水銀温度計、LPG 用ガスホース、 ホースバンド、炎高さゲージ、受け皿
オプション タイマー(接炎時間自動制御)、丸形水準器、耐熱ワイヤー(予備)
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz(タイマー付)
機体寸法・重量(参考値) 約 W520 × D260 × H580 mm・約 25 kg

 

<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.440-S2【JASO】
試験片(規格値) 幅 100 mm、長さ 356 mm
ブンゼンバーナー 内径 φ10 mm
熱源 天然ガス(発熱量 38 MJ/㎥)
試験片取付具 U字形、溝付(ピッチ 25 mm)、ピン付、受け皿付
耐熱ワイヤー 直径 φ0.25 mm
付属品 試験片取付具一式、ガスライター、水銀温度計、LPG 用ガスホース、 ホースバンド、炎高さゲージ、受け皿
オプション タイマー(接炎時間自動制御)、丸形水準器、耐熱ワイヤー(予備)
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz(タイマー付)
機体寸法・重量(参考値) 約 W520 × D260 × H580 mm・約 25 kg

※付属品:受け皿は共通です。

No.440-B 織布垂直燃焼性試験機

JIS L1091、L1091(附属書8)

440-B 織布垂直燃焼性試験機

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 繊維製品の燃焼性試験のうち、A-4法(燃焼試験、垂直法)を行うための試験機です。
  • 垂直バーナ法にも対応します。
  • 寝衣類など特殊な用途に用いる繊維製品に適しています。
  • 炎の長さを38mmにし、ホルダに挟んだ試験片の下端がバーナの口から17mmの高さになるように調節します。炎が試験片の幅方向の中央に当たるように位置を調節して3秒間加熱します。その後、試験片の下端から引き裂かれた先端までの長さを測定し、燃焼長さとします。
  • 垂直バーナ法では、試験片がバーナの口から19mmの高さになるようにし、12秒間加熱します。また燃焼長さだけではなく、炎を取り除いた後の残炎時間及び残じん時間も測定します。
<仕様は予告なく変更することがあります>  
試験方法 A-4法(垂直法) 別法(垂直バーナ法)
燃焼試験箱 内寸: W329 × D329 × H762 mm 内寸: W304.8 × D304.8 × H762 mm
試験片 89 × 254 mm 70 × 300 mm
バーナー ブンゼンバーナー、内径 φ11 mm、炎の長さ 38 mm 取付角度: 垂直方向に25°傾斜 ブンゼンバーナー、内径 φ9.5 mm、 炎の長さ 38 mm 取付角度: 垂直方向
バーナー移動 自動スライド方式
タイマー 点火タイマー: Max. 999.9 sec(プリセット式) 加熱タイマー: Max. 99999.9 sec(プリセット式) 残炎タイマー: Max. 99999.9 sec(ランニング式) 残じんタイマー: Max. 99999.9 sec(ランニング式)
点火器 自動点火方式(プラク方式)
荷重 0.54 N、1.12 N、2.23 N、3.34 N・・・ 各1個 1.11 N、2.23 N、3.33 N、4.45 N・・・ 各1個
付属品 試験片ホルダ、炎長測定用スタンド、スケール
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
熱源 メタンガス(純度 97 %以上) 液化石油ガス4号または都市ガス
機体寸法・重量(参考値) 約 W580 × D450 × H950 mm・約 50 kg

 

No.455 織布45°燃焼性試験機

JIS A1322、L1091、L4404、Z2150

455 織布45°燃焼性試験機

  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 繊維製品の燃焼性試験のうち、A-1法(燃焼試験、45°ミクロバーナ法)、A-2法(燃焼試験、45°メッケルバーナ法)、B法(表面燃焼試験)及びD法(接炎試験)を行うための試験機です。
  • B法を行うには追加の仕様が必要です。
  • A-1法とA-2法ではバーナの炎を規定の長さに調節し、試験片を試験片支持枠に挟んで規定の時間加熱します。残炎時間と残じん時間を測定した後、試験片の燃焼面積を測定します。
  • B法では燃料の圧力を3.92kPaに調整することでバーナの炎の長さを24mmとし、燃焼試験箱に固定した試験片に水平方向から30秒間加熱して残炎時間と燃焼長さを測定します。
  • D法ではバーナの炎の長さを45mmに調節し、試験片支持コイルの中に丸めた試験片を45°に傾斜させて保持します。その後、試験片の最下端に接炎させて試験片が燃焼を停止するまで加熱します。燃焼が停止したら残った試験片の最下端に接炎するように位置を調整して接炎します。試験片の下端から90mmのところが溶融し燃焼するまで繰返し、接炎回数で評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試験方法 標準仕様
試験片 350 × 250 mm(A-1法、A-2法)、 幅 100 mm、質量 1 g(D法) 取付角度: 45°
バーナー ミクロバーナー(A-1法、D法):炎の長さ 45 mm メッケルバーナー(A-2法):炎の長さ 65 mm
タイマー
点火器 自動点火方式(プラク式)
付属品 試験片支持枠(A-1、A-2法用)、 試験片支持コイル(D法用)、 炎長測定用スタンド、 リモコンボタン
電源 AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
熱源 液化石油ガス2種4号
機体寸法・重量(参考値) 本体:約 W420 × D330 × H940 mm・約 22 kg 操作盤:約 W370 × D300 × H220 mm・約 9 kg

 

<仕様は予告なく変更することがあります>
試験方法 B法(表面燃焼試験)追加仕様
試験片 220 × 400 mm
バーナー エアーミックスバーナー:炎の長さ 24 mm ※燃料圧力が 3.92 kPa時
タイマー 加熱タイマー: Max. 999.9 sec 着炎タイマー: Max. 999.9 sec 残炎タイマー: Max. 99999.9 sec 残じんタイマー: Max. 99999.9 sec
点火器 自動点火方式(プラク式)
付属品 パーライト板、試験片押さえ枠
電源 AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
熱源 液化石油ガス2種4号
機体寸法・重量(参考値) 本体:約 W560 × D330 × H940 mm・約 25 kg 操作盤:約 W370 × D300 × H220 mm・約 9 kg