株式会社 安田精機製作所

No.145 クリープ試験機【安田精機】プラスチックのひずみ(静的引張・曲げ・圧縮)測定

こちらのページは145シリーズの製品詳細をご案内しております。

No.145-A クリープテスター(滑車式)

JIS-K7115、ASTM-D2990、ISO-899-1

プラスチックに静的荷重を加え、時間と共に増加するひずみ(クリープ)を測定する試験機(クリープ試験機)です。チャック(つかみ具)を付け替えることで、引張・圧縮・曲げ試験に対応できます。また、応力緩和試験、熱収縮試験、熱衝撃試験が行えるタイプも取り揃えております。
規定の状態調節を施し、寸法を測定した試験片をチャックに取り付けて、規定の荷重をかけます。その後、規定の測定時間ごとに試験片のひずみを測定します。測定した時間とひずみから引張クリープ弾性率を算出します。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。

型式 No.145-A クリープテスター(滑車式)
試験片 3個掛、6個掛、10個掛(3種)
掛け数 JIS-K7162参照
荷重方式 滑車式
荷重 Max. 500 N (50 kgf)
変位測定 ポテンションメーター:  最小単位 1/10 mm、ストローク 0 ~ Max. 300 mm
差動トランス: 最小単位 1/100 mm、ストローク 0 ~ Max. ± 150 mm
温度 Max. 200 °C
専用ソフトウェア Windows対応
オプション 圧縮治具、曲げ治具、低温槽、恒温恒湿槽、分割槽、標線間変位測定仕様
電源 仕様により変更します。
機体寸法・重量 仕様により変更します。

お見積り・資料請求フォームはこちら⇒

No.145-B、クリープテスター(天秤式)

JIS-K7115、ASTM-D2990、ISO-899-1

プラスチックに静的荷重を加え、時間と共に増加するひずみ(クリープ)を測定する試験機(クリープ試験機)です。チャック(つかみ具)を付け替えることで、引張・圧縮・曲げ試験に対応できます。また、応力緩和試験、熱収縮試験、熱衝撃試験が行えるタイプも取り揃えております。
規定の状態調節を施し、寸法を測定した試験片をチャックに取り付けて、規定の荷重をかけます。その後、規定の測定時間ごとに試験片のひずみを測定します。測定した時間とひずみから引張クリープ弾性率を算出します。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。

型式 No.145-B クリープテスター(天秤式)
試験片 3個掛、6個掛、10個掛(3種)
掛け数 JIS-K7162参照
荷重方式 天秤式
荷重 Max. 5 kN (500 kgf)
変位測定 差動トランス: 最小単位 1/100 mm、ストローク 0 ~ Max. ± 150 mm
温度 Max. 200 °C
専用ソフトウェア Windows対応
オプション 圧縮治具、曲げ治具、低温槽、恒温恒湿槽、分割槽、標線間変位測定仕様
電源 仕様により変更します。
機体寸法・重量 仕様により変更します。

お見積り・資料請求フォームはこちら⇒

No.145-SV クリープテスター(サーボ式)

JIS-K7115、ASTM-D2990、ISO-899-1(クリープ試験)、JIS-K6263、ISO-3384(応力緩和試験)

荷重方式を実荷重式からサーボモーター駆動方式に変更し、ロードセルにより荷重検出することで、省スペース、サンプル破断時の衝撃低減を実現したクリープテスター(クリープ試験機)です。チャック(つかみ具)を付け替えることで、引張・圧縮・曲げ試験が行えます。
また、応力緩和試験、熱収縮試験、熱衝撃試験が行えるタイプも取り揃えております。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。

掛け数 3個掛、6個掛、10個掛(3種)
試験片 JIS-K7162参照、JIS-K6263参照
荷重方式 サーボモーター式
荷重 Max. 5 kN (500 kgf)
荷重検出 ロードセル
変位測定 磁歪式リニアスケール 1/100 mm
ストローク 0 ~ Max. ± 100 mm
温度 Max. 200 °C
専用ソフトウェア Windows対応
オプション 圧縮治具、曲げ治具、低温槽、恒温恒湿槽、分割槽、標線間変位測定仕様
電源 仕様により変更します。
機体寸法・重量 仕様により変更します。

お見積り・資料請求フォームはこちら⇒

No.145-C 複合クリープテスター(応力緩和試験機)

JIS-K7115、ASTM-D2990、ISO-899-1(クリープ試験)、JIS-K6263、ISO-3384(応力緩和試験)

クリープ試験機にロードセルを装備することで、加硫ゴム及び熱可塑性ゴムの応力緩和試験を行えるようにした試験機(クリープ試験機)です。チャック(つかみ具)を付け替えることで、引張応力緩和試験・圧縮応力緩和試験に対応できます。また、熱収縮試験、熱衝撃試験が行えるタイプも取り揃えております。
規定の状態調節を施した試験片を用い、A法では試験槽と治具及び試験片を予熱し、規定の力を加えた後、そのままの温度で規定時間ごとに圧縮力(引張力)を測定します。B法では試験槽のみ予熱し、試験片には標準状態で規定の力を加えた後、30±1分後に加熱を開始し、規定時間経過後に標準状態に戻して規定時間ごとに圧縮力(引張力)を測定します。測定した時間と圧縮力(引張力)から圧縮(引張)応力緩和を算出します。

仕様

仕様は予告なく変更することがあります。

掛け数 3個掛、6個掛、10個掛(3種)
試験片 JIS-K6263参照
荷重方式 滑車式または天秤式
応力測定 ロードセル、Max. 500 N (50 kgf)
変位測定 ポテンションメーター: 最小単位 1/10 mm、ストローク 0 ~ Max. 300 mm
差動トランス: 最小単位 1/100 mm、ストローク 0 ~ Max. ± 40 mm
温度 Max. 200 °C
専用ソフトウェア Windows対応
オプション 圧縮治具、曲げ治具、低温槽、恒温恒湿槽、分割槽、液浸槽、標線間変位測定仕様
電源 仕様により変更します。
機体寸法・重量 仕様により変更します。

お見積り・資料請求フォームはこちら⇒

一緒によく読まれている記事

お問い合わせ