MIT形耐折度試験機(mit試験・耐折性試験機)とは、紙及び板紙・プラスチックフィルム・フレキシブルプリント配線板(FPC)等の耐折強さを評価する試験機です。MIT形耐折度試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.307 MIT形耐折度試験機

JIS-C5016、P8115、R3420、ASTM-D2176、TAPPI-T511、ISO-5626
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 紙及び板紙、プラスチックフィルム、フレキシブルプリント配線板(FPC)等の耐折強さを評価します。
  • アルミニウム等の金属箔(はく)の自動折り曲げ試験にも用いられます。
  • 規定の荷重を掛けて試験片を引張りながら、左右135°に規定の速さで折り曲げ、試験片が破断するまで続けます。
  • 破断するまでの往復折曲げ回数から耐折強さを算出します。
  • 試験片の伸びによって、荷重方法をスプリング式とデッドウェイト式から選択できます。
  • 低温槽内で試験を行うL型も取り揃えております。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.307 MIT形耐折度試験機
掛け数1個掛、3個掛、5個掛(3種)
試験片幅 15.0 ± 0.1 mm、長さ 110 ± 5 mm
荷重4.9 ~ 14.7 N(0.5 ~ 1.5 kgf)
(スプリング式またはデッドウェイト式)(規格値 9.8 N)
折曲げ角度135° ± 2°
(オプション: 45°、90°、3段切換式)
折曲げ速度175 ± 10 回/min
(オプション: 45 回/min、90 回/min、3段切換式)
折曲げ面曲率半径 R0.38 ± 0.02 mm、長さ 19.0 ± 0.5 mm、間隙 0.25 mm
カウンター6桁(プリセット式)
温度
オプション通電装置(FPC用)
電源仕様により変更します。
機体寸法・重量(参考値)仕様により変更します。

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.307-L MIT形耐折度試験機(低温槽付)

JIS-C5016、P8115、R3420、ASTM-D2176、TAPPI-T511、ISO-5626
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 低温槽内で試験できるMIT形耐折度試験機です。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.307-L MIT形耐折度試験機(低温槽付)
掛け数1個掛、3個掛、5個掛(3種)
試験片幅 15.0 ± 0.1 mm、長さ 110 ± 5 mm
荷重4.9 ~ 14.7 N(0.5 ~ 1.5 kgf)
(スプリング式またはデッドウェイト式)(規格値 9.8 N)
折曲げ角度135° ± 2°
(オプション: 45°、90°、3段切換式)
折曲げ速度175 ± 10 回/min
(オプション: 45 回/min、90 回/min、3段切換式)
折曲げ面曲率半径 R0.38 ± 0.02 mm、長さ 19.0 ± 0.5 mm、間隙 0.25 mm
カウンター6桁(プリセット式)
温度-35 ~ 60 °C(冷凍機式)
オプション通電装置(FPC用)
電源仕様により変更します。
機体寸法・重量仕様により変更します。

安田精機へのお問い合わせはこちら