クレム吸水度試験機(クレム吸水度測定装置)とは、クレム法により、吸水性の大きい紙及び板紙の吸水度を評価するための試験機です。クレム吸水度試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.310 クレム吸水度試験機

JIS-L1907、P8141
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • クレム法により、吸水性の大きい紙及び板紙の吸水度を評価します。
  • 繊維製品の吸水性試験のバイレック法にも準拠しています。
  • 鉛直に吊るした試験片の下端を水の中に浸せきし、毛管現象によって、10分間に水が上昇した高さを読み取ります。
<仕様は予告なく変更することがあります>
掛け数8本掛
試験片幅 15 mm、長さ 200 mm以上
スケール0 ~ 200 mm(目盛 1 mm)
機体寸法・重量(参考値)約 W450 × D150 × H410 mm・約 6 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら