インターナルボンドテスター(内部結合試験機)とは、紙及び板紙の内部結合強さを評価するための試験機です。インターナルボンドテスターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.368 インターナルボンドテスター

TAPPI-T569、UM403
368 インターナルボンドテスター
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 紙及び板紙の内部結合強さを評価します。
  • 試料の両面にテープを貼り、治具を取り付けて試験片とします。
  • 上部の治具に当たるL形金具にハンマーで衝撃を与え、試験片がはく離した時に吸収したエネルギーを測定し、内部結合強さとします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
容量0 ~ 0.4 J(目盛 0.005 J)
0 ~ 0.8 J(目盛 0.02 J)(2段目盛)
持上げ角度90°
接着面積25.4 × 25.4 mm(1 × 1″)・・・ 5 個
接着圧力50 ~ 200 psi(20 ~ 90 kgf/in²)・・・ 5個
付属品L形金具・・・ 10個、試料接着板・・・ 5個
オプションデジタル表示仕様
機体寸法・重量(参考値)約 W860 × D450 × H650 mm・約 55 kg

製品のお問い合わせ

製品のお問い合わせ






    会社名※必須

    部署
    お名前※必須
    郵便番号※必須
    都道府県※必須
    市区町村以降のご住所※必須
    電話番号※必須 ※番号の入力間違いにご注意ください。
    メールアドレス※必須 ※アドレスの入力間違いにご注意ください。
    メールアドレス(確認用)※必須
    お問い合わせ内容※必須

    (※キャンペーンキーワードもこちらに入力)

    (※エンドユーザー名・納入地域もこちらに入力)