株式会社 安田精機製作所

No.551-AUTO 自動クロスカット試験機(自動クロスカット加工機)


自動クロスカット試験機とは、クロスカット法により、塗膜の付着性を評価するものです。自動クロスカット試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

自動クロスカット試験機の動作動画です

 

安田精機製の自動クロスカット加工機のタッチパネル操作と試験機動作です。

 

No.551-AUTO クロスカット加工機

クロスカット加工機(自動)

JIS-D0202、(K5400)、K5600-5-6、ISO-2409
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • クロスカット法により塗膜に格子パターンの切り込みを入れるための加工機(碁盤目試験機)です。
  • 切込みを入れる動作を自動化しています。
  • 試験片に対し刃が垂直に接するようにし、規定の荷重を加えます。
  • すべての切り込みが塗膜を貫通し、素地の表面まで達するようにして、規定の数の切り込みを試験片に入れます。
  • 切り込みを入れた後、はけでブラッシングをして既定のテープを貼り、5 分以内に剥がします。
  • 目視で試験片の表面と分類表を比較して評価します。

 

No.551-AUTO-1No.551-AUTO-2
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.551-AUTO-1
試料台 90 × 90 mm、90°回転式(手動)
ストローク 左右 Max. 50mm、前後 Max. 50mm
切込みピッチ 0.5、1.0、1.5、2.0mm(4段切換式)
切込み速度 5、10、15、20 mm/s
切込み本数 カウンターによる任意設定(規格値6本、11本)
荷重 初荷重 10gf ~350gf(バランスウエイト式)
鋼針 直径 φ3mm、長さ23mm、先端角度60°
オプション 通電装置、カッター刃取付治具、摺動距離設定センサー
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 安全カバーなし
約 W600 × D750 × H700 mm・約 65 kg
安全カバーあり
約 W630 × D750 × H760 mm・約 75 kg

※選択した荷重によって、ウエイトの内容は変更します。

  • No.551-AUTO-1 では切り込み本数とそのピッチを設定できます。
  • No.551-AUTO-2 では試験片を90° 回転させる動作も自動化しています。
  • No.551-AUTO-1 、No.551-AUTO-2のどちらも一定条件で切り込むので、手動で行うより正確な試験が行えます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.551-AUTO-2
試料台 90 × 90 mm、90°回転式(自動)
ストローク 左右 Max. 50mm、前後 Max. 50mm
切込みピッチ 0.5、1.0、1.5、2.0mm(4段切換式)
切込み速度 5、10、15、20 mm/s
切込み本数 カウンターによる任意設定(規格値6本、11本)
荷重 初荷重 10gf ~ 350gf(バランスウエイト式)
鋼針 直径 φ3mm、長さ23mm、先端角度60°
オプション 通電装置、カッター刃取付治具、摺動距離設定センサー
電源 AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 安全カバーなし
約 W600 × D750 × H700 mm・約 70 kg
安全カバーあり
約 W630 × D750 × H760 mm・約 80 kg

※選択した荷重によって、ウエイトの内容は変更します。

  • No.551-AUTO-1 では切り込み本数とそのピッチを設定できます。
  • No.551-AUTO-2 では試験片を90° 回転させる動作も自動化しています。
  • No.551-AUTO-1 、No.551-AUTO-2のどちらも一定条件で切り込むので、手動で行うより正確な試験が行えます。

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ