塗膜屈曲試験機(塗膜屈曲試験機、折り曲げ試験装置、耐屈曲性試験器)とは、円筒形マンドレル法により、塗料・ワニス等の塗膜の耐屈曲性を評価するための試験器です。塗膜屈曲試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.514 塗膜屈曲試験器

JIS-(K5400)、K5600-5-1、ISO-1519
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 試験受板を完全に広げ、マンドレルを装着します。
  • 塗装して規定の養生を施した試験板を、塗装面が外側になるように試験受板とマンドレルの間に挟み、1~2秒をかけて180°折り曲げます。
  • 折り曲げた後、そのままの状態で試験板を確認し、塗膜の割れ及び試験板とした金属基板からのはがれの抵抗性を耐屈曲性として評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.514 塗膜屈曲試験機
試験板150 × 50 × 厚さ 0.3 mm以下
折曲げ角度180°
マンドレル径φ2、 φ3、 φ4、 φ5、 φ6、 φ8、 φ10 mm
・・・ 7種
補助板の厚さ1、2、2.5、3、3.5、4 mm・・・ 6種
機体寸法・重量(参考値)約 W100 × D150 × H40 mm・約 2 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.514-TYPE1 塗膜屈曲試験器

JIS-(K5400)、K5600-5-1、ISO-1519
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 円筒形マンドレル法により、塗料、ワニス等の塗膜の耐屈曲性を評価します。
  • 試験受板を完全に広げ、マンドレルを装着します。
  • 塗装して規定の養生を施した試験板を、塗装面が外側になるように試験受板とマンドレルの間に挟み、1~2秒をかけて180°折り曲げます。
  • 折り曲げた後、そのままの状態で試験板を確認し、塗膜の割れ及び試験板とした金属基板からのはがれの抵抗性を耐屈曲性として評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.514-TYPE1 塗膜屈曲試験機
試験板100 × 50 × 厚さ 0.3 mm以下
折曲げ角度180°
マンドレル径φ2、 φ3、 φ4、 φ5、 φ6、 φ8、 φ10、 φ12、 φ16、 φ20、 φ25、 φ32 mm・・・ 12種
補助板の厚さ3.5、6、8、10、11、12、13、13.5、14、14.5、15 mm・・・ 11種
機体寸法・重量(参考値)約 W100 × D150 × H40 mm・約 2 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら