ビニルレザークロス耐寒試験機(耐寒試験機、耐寒試験装置)とは、ビニルレザークロス・プラスチック・ゴム引布等の耐寒試験を行うための試験機です。ビニルレザークロス試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.201 ビニルレザークロス耐寒試験機

JIS-K6404-13、K6772、ISO-4675
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • ビニルレザークロス、プラスチック・ゴム引布等の耐寒試験を行うための試験機(耐寒試験機、耐寒試験装置)です。
  • 試験片保持具のチャックに試験片を固定し、低温槽中のアンビルの中央に試験片がくるようにを取り付けます。
  • 低温槽中に取り付けてから5分後に落下体を落下させて、試験片に生じるひび割れの有無を調べます。
  • 試験片保持具を回転することで連続で6個まで試験可能です。
  • 冷却方法は、ドライアイス式と冷凍機式が選択できます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.201 ビニルレザークロス耐寒試験機
掛け数6個掛
試験片幅 20 mm、長さ 100 mm(2つ折り)
チャック幅 20 mm、深さ 5 mm
落下体総重量 2.5 kg
落下高さ50 mm
温度-40 °Cまで
(ドライアイス式、伝熱媒体使用)
伝熱媒体量約 7 L
電源AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)約 W570 × D400 × H650 mm・約 50 kg
 
 

No.201-R ビニルレザークロス耐寒試験機(冷凍機付)

JIS-K6404-13、K6772、ISO-4675
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 冷却方法にドライアイス式ではなく冷凍機式を採用したビニルレザークロス耐寒試験機です。

 

<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.201-R ビニルレザークロス耐寒試験機(冷凍機付)
掛け数6個掛
試験片幅 20 mm、長さ 100 mm(2つ折り)
チャック幅 20 mm、深さ 5 mm
落下体総重量 2.5 kg
落下高さ50 mm
温度-40 °Cまで
(冷凍機式、伝熱媒体使用)
伝熱媒体量約 7 L
電源AC 200 V、3相、20 A、50/60 Hz
機体寸法・重量約 W1250 × D650 × H1,100 mm・約 285 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら