株式会社 安田精機製作所

No.240 爪先剥離試験機

 

爪先剥離試験機とは、革靴の表底はく離試験を行う試験機(表底剥離試験機)です。爪先剥離試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.240 爪先剥離試験機

  1. 革靴の表底はく離試験を行う試験機(表底剥離試験機)です。
  2. 試験する靴の爪先の形状に合ったはく離つめを試験機に取り付け、靴のこば面がほぼ水平になるように高さを調節して準備します。
  3. 靴の爪先をはく離つめに押し当て、かかと部を下に押し、こじってダイヤルゲージの目盛を読み取って評価します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
準拠規格 JIS-S5050、BS-5131
はく離爪 4種
高さ調節板 厚さ 3 mm、4.5 mm、6 mm
ダイヤルゲージ 目盛 9.8 N(1 kgf)、Max. 490 N(50 kgf)
機体寸法・重量 約 W125 × D270 × H120 mm・約 8 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ