革の銀面割れ試験機(鋼球破裂試験装置、鋼球破裂試験機)とは、靴用甲革及びその他の薄物革の銀面割れ試験を行う試験機です。革の銀面割れ試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.236 革の銀面割れ試験機

JIS-K6557-10、(K6548)
236 革の銀面割れ試験機
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 靴用甲革及びその他の薄物革の銀面割れ試験を行う試験機(鋼球破裂試験装置、鋼球破裂試験機)です。
  • 円形の試験片の全周端をクランプに固定します。
  • 鋼球により中心部を肉面(裏面)から毎分12±4mmの速度で押し出します。
  • 肉眼により銀面割れを判定し、銀面割れが生じた時の荷重及び高さを読み取ります。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試験片しけんへん直径 φ40 ± 5 mm
クランプ内径 φ25 ± 0.5 mm
鋼球直径 φ6 + 0.25 mm
押上げ速度手動ハンドル式 (規格値 12 ± 3 mm/min)
圧力計Max. 1.4 MPa(目盛 0.01 MPa)、Max. 4.5 MPa(目盛 0.05 MPa)
ダイヤルゲージ目盛 1/100 mm、ストローク Max. 20 mm
付属品ピストン下げ治具、基準板
機体寸法・重量約 W545 × D340 × H360 mm・約 25 kg