ピリングテスター(ICI試験機)は、織物及び編み物のピリング試験のうち、A法(ICI形試験機を用いる方法)を行うための試験機です。メーススナッグテスター(ICI形メース試験機)とは、織物及び編物のスナッグ試験のうち、A法(ICI形メース試験機法)を行うための試験機です。ピリングテスターとメーススナッグテスターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.453 ICI形ピリングテスター

JIS-(L1018)、L1058、L1076、(JASO)
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 織物及び編み物のピリング試験のうち、A法(ICI形試験機を用いる方法)でピリング試験を行う試験機です。
  • 試験片を規定のゴム管に巻いたものを4個1組として、コルク板を内張りした回転箱に入れます。
  • 毎分60±2回転の回転速度で回転箱を規定時間回転させた後、4個の試験片のピリング判定をします。
  • 試験後の試験片に付着したコルクくずや毛玉を落とした後、規定の照明を当てて、ピリング判定標準写真と並べて比較判定をすることでピリング判定とします。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.453 ICI形ピリングテスター
回転箱掛け数3個掛、6個掛、9個掛(3種)
試験片100 × 120 mm
回転箱内寸 230 × 230 × 230 mm
箱回転速度60 ± 2 rpm
特殊ゴム管外径 φ31 mm(ゴム層厚さ 3 mm)、長さ 150 mm、質量 51 g
タイマーMax. 99 hr 59 min
電源AC 100 V、単相、10 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)3個掛: 約 W1,410 × D550 × H820 mm・約 60 kg
6個掛: 約 W1,410 × D550 × H1,200 mm・約 90 kg
9個掛: 約 W1,410 × D550 × H1,600 mm・約 120 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら  

No.473 ICI形メーススナッグテスター

JIS-L1058、ASTM-D3939
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 織物及び編物のスナッグ試験のうち、A法(ICI形メース試験機法)を行うための試験機です。
  • 薄地及び密度の粗い生地を除く織物・編物に適しています。
  • 円筒状に縫った試験片を、表を外側にして回転シリンダに巻き付けて固定します。
  • メース(スパイクボール)と試験機の誘導ロッドとの距離を確認して、回転シリンダを毎分60回転の速度で100回転させます。
  • 試験後の試験片は、判定用キャビネットを用いてスナッグ判定標準写真と比較することで等級を判定します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
型式No.473 ICI形メーススナッグテスター
掛け数2個掛(個別動作式)
試験片200 × 330 mm
メース直径 φ31.8 mm、質量 160 g(くぎを含む)
くぎ11 本、先端半径 R0.127 mm、突出部長さ 9.5 mm
回転シリンダー外径 φ82 mm(ゴム層厚さ 3 mm)、幅 210 mm
シリンダー回転速度60 rpm
フェルト厚さ 3.2 mm、幅 165 mm
誘導ロッド外径 φ10 mm、幅 122 mm
カウンター6桁(プリセット式)
シリンダーと誘導ロッドの距離60 mm
メースと誘導ロッドの距離46 mm
付属品ゴムリング・・・ 4個、位置ゲージ・・・ 1個、試験片取付治具
オプション安全カバー、判定用キャビネット
電源AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)本体: 約 W550 × D500 × H500 mm・約 50 kg
判定キャビネット: 約 W500 × D590 × H500 mm・約 25 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら