株式会社 安田精機製作所

No.429 オルゼン形剛性度試験機(軽荷重式)

オルゼン形剛性度試験機(オルゼン曲げこわさ試験機、オルゼンステフネステスター)とは、ベンディング法により、主として硬めの織物の曲げ反発性を評価するための試験機です。オルゼン形剛性度試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.429 オルゼン形剛性度試験機(軽荷重式)

JIS-K7106、(L1018)、L1096、ASTM-D747

  1. 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  2. ベンディング法により、主として硬めの織物の曲げ反発性を評価します。
  3. 試験片の一端をチャックに固定し、試験片を所定の偏位角度に屈曲した時に、他端の試験片受けに加わる曲げモーメントを求めます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
荷重目盛 0 ~ 100 %(目盛 1 %)
おもり 1/4 oz、1/2 oz、1 oz、2 oz、4 oz、8 oz〈1oz = 28.3 g〉
荷重取付位置 回転軸から 1⋅1/2″、3″
偏位角度目盛 0 ~ 90°(目盛 1°)
チャック回転速度 60°/min
試験片 25 × 50 mm
支点間距離 1/4″、1/2″、1″
チャック幅 1″
電源 AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値) 約 W340 × D400 × H485 mm・約 20 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ