ハンドルオメーター(ハンドロメータ)とは、ハンドルオメータ法により、紙・プラスチックフィルム・織物の剛軟性を評価するための試験機です。ハンドルオメーターの仕様をわかりやすく説明しています。

No.226 ハンドルオメーター(手触り測定機)

JIS-L1096、TAPPI-(T498)、J.TAPPI-No.34
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • ハンドルオメータ法により、紙、プラスチックフィルム、織物の剛軟性を評価します。
  • 規定幅のスロットがある試料台に試験片を置き、ブレード(加圧板)で上から押し込みます。
  • そのときに受ける抵抗力を測定し、曲げと滑りの複合値から剛軟度を算出します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試験片最大幅 235 mm
試験台クリアランス5 mm、6.35 mm、10 mm、20 mm
加圧板曲率半径 R1 mm、長さ 240 mm
材質: アルミニウム
折り曲げ有効ストローク12 mm
測定範囲フルスケール 245 mN(25 gf)、490 mN(50 gf)、981 mN(100 gf)
測定時間15 秒
付属品検定用おもり
オプション記録計、専用ソフトウェア
電源AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)約 W550 × D330 × H300 mm・約 30 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら