ガーレー式柔軟度試験機(ガーレー式ステフネステスター・gurley stiffness tester)とは、ガーレ法により、主として硬めの紙・プラスチックフィルム・織物等のこわさ(曲げ反発性)を評価をするための試験機です。ガーレー式柔軟度試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.311 ガーレー式柔軟度試験機

  • ガーレ法により、主として硬めの紙、プラスチックフィルム、織物等のこわさ(曲げ反発性)を評価します。
  • 試験片を可動アームのチャックに取り付け、振り子にはおもりを取り付けて準備します。
  • 可動アームを左または右に規定の速さで回転させて、試験片下端が振り子に一度接触した後、また振り子から離れる時の目盛を読み取り、剛軟度を算出します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
準拠規格JIS-(L1018)、L1085、L1096、TAPPI-T543
試験片幅: 1/2″、1″、2″
長さ: 1″、1⋅1/2″、2⋅1/2″、3⋅1/2″、4⋅1/2″
チャックの位置振り子の先端から1/2″、1″、1⋅1/2″、2″、2⋅1/2″、3″、3⋅1/2″、4″
アーム回転速度2 rpm
おもり5 g、25 g、50 g、200 g
荷重取付位置支点から 1″、2″、4″
目盛RG左右 0 ~ 8(目盛 0.2)
電源AC 100 V、単相、1 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)約 W350 × D200 × H500 mm・約 7 kg

製品のお問い合わせ

製品のお問い合わせ






製品No または 製品名※必須
ご要望※必須購入希望見積もり希望カタログ希望連絡希望訪問希望その他
動機※必須新規導入既存入れ替え購入前デモ試験情報収集予算申請用その他
会社名※必須※以下について、海外のお客様は入力できる範囲でご入力下さい。

部署
担当者※必須
郵便番号※必須
都道府県※必須
市区町村以降の住所※必須
電話番号※必須 ※番号の入力間違いにご注意ください。
FAX番号
メールアドレス※必須 ※アドレスの入力間違いにご注意ください。
メールアドレス(確認用)※必須
お問い合わせ内容※必須

(※キャンペーンキーワードもこちらに入力)

(※エンドユーザー情報もこちらに入力)