ガーレー式柔軟度試験機(ガーレー式ステフネステスター・gurley stiffness tester)とは、ガーレ法により、主として硬めの紙・プラスチックフィルム・織物等のこわさ(曲げ反発性)を評価をするための試験機です。ガーレー式柔軟度試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.311 ガーレー式柔軟度試験機

  • ガーレ法により、主として硬めの紙、プラスチックフィルム、織物等のこわさ(曲げ反発性)を評価します。
  • 試験片を可動アームのチャックに取り付け、振り子にはおもりを取り付けて準備します。
  • 可動アームを左または右に規定の速さで回転させて、試験片下端が振り子に一度接触した後、また振り子から離れる時の目盛を読み取り、剛軟度を算出します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
準拠規格JIS-(L1018)、L1085、L1096、TAPPI-T543
試験片幅: 1/2″、1″、2″
長さ: 1″、1⋅1/2″、2⋅1/2″、3⋅1/2″、4⋅1/2″
チャックの位置振り子の先端から1/2″、1″、1⋅1/2″、2″、2⋅1/2″、3″、3⋅1/2″、4″
アーム回転速度2 rpm
おもり5 g、25 g、50 g、200 g
荷重取付位置支点から 1″、2″、4″
目盛RG左右 0 ~ 8(目盛 0.2)
電源AC 100 V、単相、1 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)約 W350 × D200 × H500 mm・約 7 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら