株式会社 安田精機製作所

No.476 カンチレバー形柔軟度試験機

カンチレバー形柔軟度試験機とは、織物及び編物の剛軟度試験のうち、A 法(45° カンチレバー法) により、織物の剛軟性を評価するための試験機です。カンチレバー形柔軟度試験機の仕様をわかりやすく説明しています。
 

No.476 カンチレバー形柔軟度試験機

JIS-(L1018)、L1096、(JASO)
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 織物及び編物の剛軟度試験のうち、A 法(45° カンチレバー法) により、織物の剛軟性を評価します。
  • 試験機は一端に45° の傾斜を持つ水平台で、水平台にはスケールが付いています。
  • 試験片を水平台に置いて斜面の方向に滑らせ、試験片の一端の中央点が斜面に接したときの位置を水平台のスケールから読み取り、試験片が移動した長さで剛軟度を評価します。

 

<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.476 カンチレバー形柔軟度試験機
試験片 20 × 150 mm
スケール 0 ~ 150 mm(目盛 1 mm)
傾斜角度 45°
試験速度
付属品 おもり
電源
機体寸法・重量 約 W225 × D125 × H100 mm・約 2.5 kg
 
 

No.476-M カンチレバー形柔軟度試験機(電動)

JIS-(L1018)、L1096、(JASO)
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 試験片を滑らせる動きを電動化しました。
  • より正確な試験を行えるカンチレバー形柔軟度試験機です。

 

<仕様は予告なく変更することがあります>
型式 No.476-M カンチレバー形柔軟度試験機(電動)
試験片 30 × 200 mm
スケール 0 ~ 200 mm(目盛 1 mm)
傾斜角度 41.5°、45°(アタッチメント手動交換)
試験速度 60 ~ 300 mm/min
付属品 傾斜アタッチメント(41.5°、45°)、おもり、片口スパナ、水準器
電源 AC 100 V、単相、3 A、50/60 Hz
機体寸法・重量 約 W500 × D250 × H270 mm・約 16 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ