株式会社 安田精機製作所

No.173-S エナメル線軟化点試験機

 

エナメル線軟化点試験機(耐軟化試験装置)とは、交差法により、エナメル線の耐軟化試験を行うための試験機です。エナメル線軟化点試験機の仕様をわかりやすく説明しています。

No.173-S エナメル線軟化点試験機

  1. 交差法により、エナメル線の耐軟化試験を行うための試験機(耐軟化試験装置)です。
  2. 電気加熱により任意の温度に加熱した金属ブロックに、2 本の直線状試験片を相互に直交させて挿入します。
  3. 試験片の交差部分にセラミック製のピストンまたは鋼球を用いて真上から一定の荷重を掛け、交差部分の軟化短絡を検知します。
<仕様は予告なく変更することがあります>
準拠規格 C3216-6:2011
試料 丸線(交差法)、平角線(鋼球法)
掛け数 Max. 12 個掛(1 熱盤 4 個掛 × 3 ch)
温度 Max. 500 °C
昇温速度 2 °C/min
荷重 初荷重 100 g ~ 最大荷重 2,600 g
変圧器 電圧: 100 ± 10 V
短絡電流: 5 ± 1 mA(最大電流: 50 mA)
データ処理 デスクトップPC 式(OS : Windows10)
PC ラック、PC プリンタ付属、専用ソフトウェア付属
安全装置 本体漏電ブレーカー、過昇温防止装置、断熱安全カバー(指詰め防止対策)
電源 本体:
AC 200 V、単相、50 A、50/60 Hz
PC 用:
AC 100 V、単相、15 A 以下、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値) 約 W1,800 × D750 × H2,000 mm・約 550 kg

 

安田精機へのお問い合わせはこちら

 

お問い合わせ