こちらは安田精機製作所の屈曲・疲労試験機をまとめたページです。「キャブタイヤケーブル、プラグ屈曲試験機、コンセントプラグ開閉試験機、光ファイバ屈曲試験機、光ファイバ圧壊試験機、ケーブル可とう性試験機」の仕様をわかりやすく説明しています。

No.125 キャブタイヤケーブル屈曲試験機

JIS-C3005
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • ゴムまたはプラスチック材料で絶縁またはシースを施した丸型の電線の曲げ試験を行う試験機(丸形キャブタイヤケーブル曲げ強度試験機)です。
  • 完成品から切り出した試料を回転子の貫通孔を通して両端をチャックで固定します。
  • その後、回転子を毎分20回の速さで200回連続回転させ、チャックで固定した部分及び貫通孔に通した部分について、試料に生じる破損、ひび、割れの有無、各線心の導体素線の断線数を目視で調べます。
<仕様は予告なく変更することがあります>
回転子と貫通孔の距離A条件: 100 mm
B条件: 150 mm
回転子とチャックの距離A条件: 300 mm
B条件: 200 mm
回転速度20 rpm
カウンター6桁(プリセット式)
電源AC 100 V、単相、15 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)約 W1,000 × D770 × H700 mm・約 150 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.254 プラグ屈曲試験機

JIS-C3662-2、C8306、IEC-60227-2
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • プラグ(コード引出部)の屈曲性能の強度試験(コード引出部曲げ試験)を行うための試験機(曲げ試験装置、コード屈曲試験装置)です。
  • 適切な長さの試料に規定のおもりを吊り下げて、通電します。
  • 可動板を左右各60°に毎分40回(左右それぞれ1回と数える)の速さで規定回数往復させ、試料の断線率から屈曲性能の評価を行います。
  • 塩化ビニル絶縁ケーブルは、おもりを0.5kgにして左右90°まで曲げ、180°の曲げを1回として毎分60回の速度で屈曲運動を行います。
<仕様は予告なく変更することがあります>
掛け数1個掛、2個掛、3個掛、4個掛(4種)
屈曲角度左右 60°、90°(2段切換式)
屈曲速度40 回/min(20 往復/min)
おもり500 g
振れ止め回転軸より 300 mm、間隔 40 mm
カウンター6桁(プリセット式)
オプション通電装置
電源AC 100 V、単相、10 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)仕様により変更します。

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.256 コンセントプラグ開閉試験機

JIS-C8306
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 配線器具の開閉試験を行う試験機です。
  • プラグとコンセントをチャックに固定し、水平に開閉運動を繰り返し、消耗度合いを評価します。
  • 負荷装置を接続することも可能です。
<仕様は予告なく変更することがあります>
掛け数2個掛、4個掛、6個掛(3種)
開閉速度10 回/min、20 回/min(2段切換式)
カウンター6桁(プリセット式)
オプション電流計、電圧計、通電ターミナル端子、負荷装置
電源AC 100 V、単相、5 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)2個掛:
約 W650 × D250 × H450 mm・約 50 kg
4個掛:
約 W650 × D500 × H600 mm・約 60 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.257 光ファイバ屈曲(繰返し曲げ)試験機

JIS-C6821、C6851、C6861、IEC-60794
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 光ファイバケーブル及びコードの機械特性試験の中の繰返し曲げ試験を行う光ファイバー屈曲試験装置です。
  • 試料に規定の荷重を加えながら、垂直方向に対して両側に90°の角度で曲げます。
  • 試験後の試料の損失の測定及び外観試験を行います。
<仕様は予告なく変更することがあります>
掛け数1個掛、3個掛、6個掛、(3種)
屈曲角度左右45°、60°、90°(規格値 90°)
屈曲速度2秒/1サイクル
屈曲マンドレル径R15 mm
おもり500 g、1,000 g
オプション破断検出装置
電源AC 100 V、単相、10 A、50/60 Hz
機体寸法・重量(参考値)仕様により変更します。

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.259 光ファイバ圧壊試験機

JIS-C6821、C6851、C6861、IEC-60794
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 光ファイバケーブル及びコードの機械特性試験の中の圧壊試験を行う光ファイバー圧壊試験装置です。
  • 試料を平たんな鋼板と可動する鋼板の間にはさみ、試料の長手方向に均一に、かつ、急激な衝撃を与えないように、ゆっくりと圧壊力を加えます。
  • 試験後、試料を1分以上放置した後の損失の測定及び外観試験を行います。
<仕様は予告なく変更することがあります>
可動板幅 100 × 長さ 200 mm
圧壊力7 N/mm、14 N/mm
機体寸法・重量(参考値)約 W700 × 350 × H500 mm・約 10 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら

No.262 ケーブル可とう性試験機

JIS-C3662-2、C3663-2、IEC-60227-2、60245-2
  • 本機は上記の規格に準拠し、製造されています。
  • 塩化ビニル絶縁ケーブル及びゴム絶縁ケーブルの可とう性を評価するための試験機(可とう性試験装置)です。
  • 装置の両端に固定された2個のプーリと、左右に移動する移動台に固定された2個のプーリを通して、試料をS字形に取り付けます。
  • 試料の両端に規定のおもりを付けて張力を加え、移動台を左右に反転して移動します。
  • 移動台は毎秒0.33mの速度で1m以上の距離を往復します。
  • 可とう性試験中は試料に通電されており、電流の遮断時・導体間の短絡時・試料と試験装置のプーリとの間の短絡時に検知し、遮断する構造となっています。
<仕様は予告なく変更することがあります>
試料導体公称断面積0.5 ~ 4.0 ㎟
プーリ径φ60、 φ80、 φ120、 φ160、 φ200 mmより選択
移動台速度0.33 m/sec
移動台距離1 m 以上
荷重初荷重 0.5 ~ 9.0 kgより選択
負荷装置電流可変範囲: 各相 0.1 ~ 30 A
電源1次側: AC 200 V、3相、スター結線、20 kVA、50/60 Hz
2次側: AC 230 V、単相/ AC 400 V(電圧切換器付)、3相、スター結線、3相4線式、中性線アース
機体寸法・重量(参考値)約 W2,240 × D1,000 × H2,050 mm・950 kg

安田精機へのお問い合わせはこちら